MUGEN STAFF BLOG

【SUPER FORMULA】Rd.2 OKAYAMA

明日、明後日とSUPER FORMULA第2戦が岡山国際サーキットにて開催されます。
開幕戦鈴鹿では、#16 山本尚貴選手が見事な走りを見せ2位表彰台に。

一方、異国の地、日本でのデビュー戦ということもあり、10位という結果に苦汁を舐めた#15 ピエール・ガスリー選手。

果たして第2戦岡山では、両選手どのようなレース展開を見せてくれるのでしょうか。

今大会は、1大会・2レース制で、土日両日とも決勝の模様をお楽しみ頂けます。
是非、両日ともに会場に足を運んで頂ければと思います。

皆様のご声援、何卒お願い申し上げます。

20170526-20170526-01.jpg

20170526-20170526-2.jpg
2017.05.26

【IOM TT】2017年マン島TTレース ライダー交代のお知らせ

2017年5月27日(土)~6月9日(金)にマン島で行われる2017年マン島TTレース TTゼロチャレンジクラスに参戦するライダーをジョン・マクギネス選手からブルース・アンスティ選手に交代することをお知らせいたします。
詳細はこちらをご覧ください。
2017.05.23

【SUPER GT】Rd.3 AUTOPOLIS 決勝

快晴の下、14時より決勝レースが始まりました。
武藤選手のドライブで4番グリッドからスタートした「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、順調に4位キープを重ねましたが、序盤に他車クラッシュが発生し、8LAPにわたってSCが導入されました。
その間のタイヤ温度低下によるグリップ低下のため、レース再開後に後続車1台に抜かれるものの、その後は5位のポジションをキープしました。

32LAPめにピットインし、リアのみのタイヤ交換作業とともに、中嶋選手へドライバーチェンジ、10位のポジションでコース復帰しました。
その後はパフォーマンス不足もあり、タイムは伸び悩み、タイヤ摩耗により55LAPめに再びピットイン。
結局、1LAP遅れの11位でフィニッシュしました。

もともとタイヤに厳しいオートポリスではありますが、タイヤのポテンシャル不足が全体の結果に響いた状況でした。

次戦は7月のスポーツランドSUGOでの開催となります。後日、MOTOR SPORTSのSUPER GTページに詳細レポートを掲載させていただきます。

皆様のご声援、誠にありがとうございました。

20170522-20170521-1.jpg

20170522-20170521-2.jpg

20170522-20170521-3.jpg

20170522-20170521-4.jpg

20170522-20170521-5.jpg

2017.05.22

【SUPER GT】Rd.3 AUTOPOLIS 予選

14時過ぎよりノックアウト方式の予選が行われました。TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、Q1で武藤選手がドライブし8番手となりQ2へ進出。Q2は中嶋選手がドライブし、5番手にこぎ着けました。

路面温度が高く、足まわり全般のセッティングに苦心しましたが、タイヤセレクトとタイムアタックのタイミングが整合して、今あるポテンシャルをふたりのドライバーが最大限に発揮してくれました。尚、予選終了後、上位他車にペナルティがあり「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、4番グリッドからのスタートとなりました。

決勝は21日14時スタートです。

20170522-20170520-4.jpg

20170522-20170520-5.jpg

20170522-20170520-6.jpg
2017.05.22

【SUPER GT】Rd.3 AUTOPOLISフリー走行

SUPER GT 第3戦が、大分県のオートポリスで開催されております。昨年は熊本地震による影響で中止となり、じつに2年ぶりの開催となります。
レース開催に先立ち、熊本地震で亡くなられた方々に黙祷が捧げられました。

天候は晴れ。すでに汗ばむほどの暑さで、オートポリスがある大分県日田市は、本日の最高気温31℃の真夏日が予想されております。
午前9時よりフリー走行が行われ、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、足まわりを中心にセッティング出しのメニューをこなしました。

13時半より予選開始です。

20170522-20170520-1.jpg

20170522-20170520-2.jpg

20170522-20170520-3.jpg
2017.05.22

【SUPER FORMULA】Rd.1 SUZUKA決勝

やや汗ばむような天候のもと、13時50分より決勝がスタートしました。3番グリッドの#16 山本選手は好スタートを切り1コーナーで2位に、8番グリッドでスタートした#15 ガスリー選手もジャンプアップし6位に付けました。

#15 ガスリー選手は2ラップ目にピットインし、右フロントのみのタイヤ交換と給油を実施、12番手でコースに戻りました。一方、タイヤ交換のタイミングを模索していた#16 山本選手は、23ラップ目に他車コースアウトによるセーフティカー導入時にピットイン。左フロントのみのタイヤ交換と給油を実施しました。

結局、#16 山本選手は2位、#15 ガスリー選手は10位でフィニッシュしました。#16 山本選手は優勝まであと一歩及びませんでしたが、第2戦へ向けて大きなステップを踏むことができました。皆様のご声援、誠にありがとうございました。

第2戦は、5/27(土)〜28(日)岡山国際サーキットにおいて、2レース制で開催予定です。

20170423-20170423-5.jpg

20170423-20170423-6.jpg

20170423-20170423-7.jpg

20170423-20170423-8.jpg


2017.04.23

【SUPER FORMULA】Rd.1 SUZUKAフリー走行

日曜の午前8時50分より30分間のフリー走行が行われました。
天候は晴れ、9時現在で気温22度、湿度20%ですが、風がやや冷たく感じる鈴鹿サーキットです。
TEAM MUGENの#16 山本選手と#15 ガスリー選手は果敢にコースインし、ラップを重ねました。13時40分より決勝スタート予定です。

20170423-20170423-1.jpg

20170423-20170423-2.jpg

20170423-20170423-3.jpg

20170423-20170423-4.jpg
2017.04.23

【SUPER FORMULA】Rd.1 SUZUKA予選

予選が終了しました。#16 山本選手は、Q1:5番手、Q2:4番手、Q3:3番手と順調にポジションアップ。細かなセットアップ変更が功を奏して、3番グリッドを確定しました。

一方、#15 ガスリー選手は、Q1:3番手、Q2:7番手、Q3:8番手と惜しくもポジションダウンする流れとなり、明日の決勝は、8番グリッドからのスタートとなります。

決勝レースは約200km(35周)で行われ、少なくとも1輪以上のタイヤ交換が義務づけられています。13時40分よりスタート予定です。
明日も引き続き、皆様のご声援をお願いいたします。

20170422-20170422-6.jpg

20170422-20170422-7.jpg

20170422-20170422-8.jpg
2017.04.22

【SUPER FORMULA】Rd.1 SUZUKAフリー走行

いよいよ2017年のSUPER FORMULAが開幕しました。
ここ鈴鹿サーキットは晴天に恵まれ、春らしい気持ちの良いレースイベントとなりそうです。
TEAM MUGENは、昨年に引き続き#16 山本尚貴選手と、昨年のGP2シリーズ覇者である#15 ピエール・ガスリー選手の2台体制でフル参戦いたします。

1日目午前、10時過ぎよりフリー走行が行われました。午後の予選を見据えたセッティング出しを中心に2台が走り込みを行いました。#16 山本選手は、Hondaエンジン搭載車でトップの5番手、#15 ガスリー選手は、17番手のタイムを記録しています。14時よりノックダウン方式の予選が開始予定です。

20170422-20170422-1.jpg

20170422-20170422-2.jpg

20170422-20170422-3.jpg

20170422-20170422-4.jpg

20170422-20170422-5.jpg
2017.04.22

【The Isle of Man Tourist Trophy Race TT-Zero Challenge】

東京モーターサイクルショーで電動バイクレーサー「神電 六」をお披露目しました。
また同時に電動モトクロッサーコンセプトモデル「E.REX」も発表しました。

発表ステージの様子を公開しましたのでご覧ください。
https://youtu.be/G0YKBo1oPOQ
2017.04.17