MUGEN STAFF BLOG

【SUPER GT】Rd.3 SUZUKA決勝

爽やかな青空の下、SUPER GT 第3戦が開催されました。
14時40分よりスタート予定でしたが、計時システムのトラブルにより約40分遅延してレースが始まりました。

7位よりスタートしたTEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、武藤英紀選手がハンドルを握り、オープニングラップ早々に6位へポジションアップしました。
その後、16号車は6位を保持しつつ、14ラップ目に他車コースアウトによるセーフティカーが導入されました。

19ラップ目に再スタートし、同時に複数のマシンがピットイン。16号車は4位に浮上し、タイヤ交換及びドライバーチェンジを次の周と決めた23ラップ目、デグナーカーブでコースアウトしてしまいました。

残念ながらコースに復帰できず、その場でリタイアとなってしまいました。

好ポジションに位置していたものの、結果が残せない形となりました。

次戦は6/30〜7/1のタイ戦になります。

引き続きのご声援、よろしくお願いします。

20180521-20180521-4.jpg

20180521-20180521-5.jpg

20180521-20180521-6.jpg
2018.05.21

【SUPER GT】Rd.3 SUZUKA予選

午前と同じく強風に見舞われる中、予選が行われました。TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、武藤選手がQ1のドライバーを務め、見事4番手のタイムを出してQ2へ進出しました。
Q2では、中嶋選手が2ラップのアタックを試みましたが、タイムが伸び悩み7番手で落ち着いています。

少しずつではありますが、調子が上向いております。

明日の決勝、ご声援を何卒、宜しくお願い申し上げます。

20180521-20180521-1.jpg

20180521-20180521-2.jpg

20180521-20180521-3.jpg
2018.05.21

【SUPER GT】Rd.3 SUZUKAフリー走行

昨年で終了した「SUZUKA 1000km」に代わって、じつに8年ぶりとなる「SUZUKA GT 300km」が開催されております。
夜半過ぎより降り続いた雨は明け方に上がり、現在の天候は晴れ、気温23度、湿度40%と、5月らしい爽やかな気候ですが、風が大変強く、時には風速15m以上の強風に見舞われています。

TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、午前9時より始まったフリー走行で最初に中嶋大祐選手がドライブ、後半は武藤英紀選手が務めました。

ノックアウトの予選は、14時55分より開始予定です。
皆様のご声援を、宜しくお願い申し上げます。

20180519-20180519-7.jpg

20180519-20180519-8.jpg

20180519-20180519-9.jpg
2018.05.19

「JADE」用 無限パーツ 発表

無限(株式会社M-TEC)(以下 無限)は、この度、本田技研工業株式会社から発表された新型「JADE」に対して各種パーツを発表し、5月18日(金)より順次、全国のHonda Carsおよび無限パーツ取扱店から発売いたします。

新型「JADE」用パーツは、「Advanced & Sporty」をコンセプトに、先進的なデザインに無限らしさを加え、圧倒的な存在感でスポーティなスタイリングを実現し、機能とデザインを両立した様々なパーツを設定いたします。

エアロパーツは、ブラックルーフにも一体感のある、カラード仕上げ×ツヤ消しブラック塗装仕上げの2トーンとしたフロントアンダースポイラーを設定。カラード部は、ボディラインを活かした造形でフロントウイングを想わせるデザインに、オプションのエアロイルミネーションを装着することで、無限らしい存在感のあるスタイリングを実現。リアアンダースポイラーはデュアルサイレンサーの同時装着タイプを専用とすることで、車両との一体感と迫力を両立。ウイングスポイラーは大型タイプの翼端を採用し、ブラックルーフに対し、ボディにあわせたカラーを選択することで、リアにも迫力と存在感のあるスタイリングを実現。

JADE専用に開発した18インチアルミホイール「MDJ」にブラッククリアミラーフェイスを追加設定し、スポーツミニバンとしての性格をより強くしています。インテリアでは高級感ある仕上がりとしたスポーツマットと、スポーツラゲッジマットを2列仕様/5人乗りにも新たに設定いたしました。

詳細はコチラ
http://www.mugen-power.com/carparts/news_product/detail/id=673&date=2018

無限JADEスペシャルページ
http://www.mugen-power.com/automobile/products/jade/


20180519-20180519-5.jpg

20180519-20180519-6.jpg
2018.05.19

MEET THE BEAT!にて<商品事業部A.K>

5月12日(日)「ツインリンクもてぎ」で開催されたHonda BEATの国内最大イベントといわれる「MEET THE BEAT!」を訪問させていただきました。
当日は北から南から(北は「室蘭」ナンバー、南は「宮崎」ナンバーのBEATを確認しました。
参加に至るまでの皆様の熱意にはただただ脱帽です!)BEATが300台超集合。
会場の南コースに壮観たる光景を醸し出していました

20180519-20180519-1.jpg

さて、会場内を歩いていると結構、無限パーツを御愛顧いただいているユーザーさんが多くて俄然、嬉しくなった訳ですが、その中でもこの1台 当時(もう四半世紀も経つんですね。当時の私は入社直後の新入社員でした...。)の無限のデモカーにそっくりな黄色のBEATの前で足が止まりました。

20180519-20180519-2.jpg

20180519-20180519-3.jpg

「エアロ・パーツ」や「ホイール」は勿論、「ロール・ケージ」や「ドレスアップ・シートクロス」といった私達が見ても非常にレアなパーツ(最近のウチの社員は多分知らないと思います。)まで装着されており、再現度の高さにびっくりしていたところ、このBEATのユーザーさんご自身によるコメント(以下写真内 駐車券の「コメント欄」に注目!)
を見つけて更にびっくり....

20180519-20180519-4.jpg

「もと無限のデモカーです。当時から憧れていた無限ビートがようやく手元に来てくれました~!」と書いてあります。

なんとこのBEATは私達のデモカーそのものだったのです。
どうりで再現度が高い筈!幸い現在のオーナーであるTさん(あの「真田」の里で有名な長野県上田市よりのご参加。)ともお会いすることが出来、運命的だった購入の経緯等、大変貴重かつ楽しいお話(何とSB1のMS-1無限仕様もご所有されているとのことで三度びっくり。)を聞かせていただくことができました。
私としては、不幸にも生き別れてしまった子供の育ての親になっていただいた方と話しているような何とも感激的な体験でもありました!

これからきっと長野の澄んだ空気の下、この黄色いBEATは末長くTさんによって大事にされることでしょう。さようなら!幸せにね!

2018.05.19

【SUPER GT】Rd.3 鈴鹿サーキット

明日の5月19日(土)より2018年シーズンSUPER GT第3戦が鈴鹿サーキットにて開催されます。

【予選:5月19日(土)/ 決勝:5月20日(日)】

第2戦富士スピードウェイでは、予選でHonda勢最上位となる6番手となり、武藤・中嶋の両選手共にマシンのパフォーマンスに手ごたえを感じて少しずつ前進していることを実感。8年ぶりに300㎞レースとして開催されるSUPER GT鈴鹿大会でさらに前進していきたいと思います。目の前の一勝を意識し全力でがんばります。

TEAM MUGENの引き続きの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

-TEAM MUGENの無限オフィシャルサイト-
http://www.mugen-power.com/motorsports/sg2018/

-SUPER GTオフィシャルサイト-
https://supergt.net/races/index/2018/Round3/


20180518-20180518-1.jpg

20180518-20180518-2.jpg

20180518-20180518-3.jpg
2018.05.18

【SUPER FORMULA】Rd.2 AUTOPOLIS決勝

本日予定されておりました全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦は、悪天候のため中止となりました。

朝より濃霧に包まれたオートポリスは、ピットウォーク後、JSB1000(2輪)の決勝が始まった正午過ぎより、奇跡的に霧がなくなり視界が広がりましたが、SUPER FORMULAのウォームアップ走行開始後、再び霧に覆われ赤旗中断となりました。

その後雨脚も強くなり、天候の回復が見込まれないと判断され、決勝レースの開催は中止となりました。#15 阪口選手にとって初チャレンジとなるはずだったSUPER FORMULAでしたが、残念ながら今回は見送りとなりました。

本日はお足もとの悪いなか会場までお越し下さったお客様に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。
次戦は、5/26〜27のスポーツランドSUGOでの開催となります。

引き続き、TEAM MUGENへのご声援を、よろしくお願い申し上げます。

20180514-20180514-10.jpg

20180514-20180514-11.jpg

20180514-20180514-12.jpg


2018.05.14

【SUPER FORMULA】Rd.2 AUTOPOLIS予選

15時50分より予選が行なわれました。ミディアムタイヤを装着したQ1では、両ドライバーともに1分27秒台前半のタイムで、#16 山本選手は2番手、#15 阪口選手は7番手となり、ともにQ2へ進出しました。

ソフトタイヤを装着したQ2では、両ドライバーともに1分26秒台のタイムで#16 山本選手が5番手でQ3へ進出しましたが、#15 阪口選手は11番手で予選を終えています。

Q3で最後に出走した#16 山本選手は、タイムが伸び悩み、最終的に7番手のポジションとなりました。

オートポリス付近の明日の天候は、あいにくの雨予報です。
決勝は14時10分スタート予定です。

皆様のご声援、よろしくお願い申し上げます。

20180514-20180514-6.jpg

20180514-20180514-7.jpg

20180514-20180514-8.jpg

20180514-20180514-9.jpg


2018.05.14

【SUPER FORMULA】Rd.2 AUTOPOLISフリー走行

爽やかな青空の下、大分県・オートポリスでSUPER FORMULA 第2戦が開催されております。TEAM MUGENは、16号車の山本尚貴選手と、15号車には福住仁嶺選手に代わり阪口晴南選手が参戦しています。

午前、1時間のフリー走行が行なわれました。昨日の練習走行でトップタイムを出した#16 山本選手は順調にメニューをこなし、#15 阪口選手も果敢に走り込みを行ないました。#16 山本選手は6番手、#15 阪口選手は16番手のタイムとなっています。

ノックアウト方式の予選は、15時50分より開始予定です。

皆様のご声援、よろしくお願い申し上げます。

20180514-20180514-3.jpg

20180514-20180514-4.jpg

20180514-20180514-5.jpg
2018.05.14

全日本スーパーフォーミュラ選手権出場ドライバーについて

TEAM MUGENは全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦(菅生)と第4戦(富士)に15号車のドライバーとしてダニエル・ティクタム選手が出場することをお知らせいたします。

15号車のレギュラードライバーである福住仁嶺選手がFIA-F2選手権に出場するため、レッドブル・ジュニアチームの一員であるダニエル・ティクタム選手を代わりに起用いたします。

第2戦(オートポリス)では阪口晴南選手を起用いたしますが、第3戦(菅生)と第4戦(富士)では、出場中の全日本F3選手権が全日本スーパーフォーミュラ選手権と日程が重なるため、本田技研工業株式会社およびとレッドブル・レーシングと協議をし、ダニエル・ティクタム選手の起用となりました。

TEAM MUGENは、Honda育成ドライバーとレッドブル育成ドライバーを積極的に起用し、世界に羽ばたいていくレーシングドライバーを支援していきます。

http://www.mugen-power.com/motorsports/news/deital/id=671


20180514-20180514-2.jpg
2018.05.14