MUGEN STAFF BLOG

2010無限サーキットチャレンジRd.2 受付開始!!! <商品事業部 G.N>

9月4日(土)に開催される、無限サーキットチャレンジRd.2 in 筑波サーキットコース1000の受付開始が7月26日(月)より始まりました。

今回のサーキットチャレンジの講師陣の顔ぶれは、、、
今年からFormula Nippon「MOTUL TEAM 無限」で活躍中の、井出有治選手!
null20100730-20100729-2.jpg

先日の全日本ジムカーナ選手権第5戦(SA2クラス)で今季初優勝を達成した新井大輔選手!!
20100730-20100729-3.jpg20100730-20100729-4.jpg

さらには、全日本ジムカーナ選手権で活躍中であり、無限サーキットチャレンジでおなじみの日部利晃選手!!!
20100730-20100729-5.jpg20100730-20100729-6.jpg
を講師陣に迎える予定です。

なお、今回筑波サーキットコース1000を疾走する無限デモカーは、、、
無限S2000!!
20100730-20100729-7.jpg
無限CIVIC TYPE R!!!
20100730-20100729-8.jpg
を予定しております。

前回3月に開催されましたRd.1では大変ご好評を頂きまして、受付開始早々に募集定員をオーバーするほどの募集がありました。そこで、通常90名枠であったところを105台まで増やしました!!!

これだけのHonda車が集まるイベントもそうそう無いので、他の人の走りを研究したい!とか、いろいろなHondaユーザーと話してみたい!といったHonda車にお乗りのそこのあなた!是非とも、当日筑波サーキットコース1000に来てください!

そこで、皆さんの走りを見てうずうずしてきたら、、、
昼の12:00~13:00に体験走行クラス(豪華講師陣の同乗走行付)が開催されております。枠に余裕があれば、、、あなたの愛車でサーキットを走行できるチャンス!!!
是非ともお申し込みお待ちしております。

なお、無限サーッキットチャレンジの申込は、
「Honda Cars東京中央 web.site」(http://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/)
もしくは「PRO-CREWS official web.site」(http://www.procrews.co.jp/)
まで!
2010.07.30

フィジカル・トレーニング <MS事業部 J.K>

Rd.3 富士大会 は、梅雨明けの猛暑の下、開催されました。
応援に来てくださいましたファンの皆様、有難うございました。
この過酷な状況の中、ドライバーは、どの様な運動負荷でドライブしているのか?
データーを取るために、ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社とMTBアテネ五輪日本代表となった竹谷賢二氏の協力を得て計測を行いました。
この解析データーを参考にフィジカル・トレーニングに取り組めば、
優勝!間違いなし???
null
null
2010.07.23

VT-αの挑戦 <商品事業部 A・K>

7月22日より販売開始のV-TEC専用高性能エンジンオイル MUGEN VT-α(アルファ)がその自らの性能を証明する為にシビック・ワンメイク・レースの最高峰、インター・シリーズ に挑戦します。
null
基本的にエンジンは全く変更が認められないワンメイクレースであるからこそ、エンジンオイルの性能がシビアに要求され評価されます。
今回 VT-α(アルファ)を採用してくれたのは今シーズン話題の谷口信輝選手が
駆るカーナンバー18の車両「ジョージスピリッツM7シビック」です。
VT-α初投入となった先の第4戦(富士スピードウエィ)においては、外気温30度以上、路面温度40度以上という酷暑の中、ファイナルラップまでK20Aエンジンの性能を支え、谷口選手のCIVICでの2勝目に貢献することができました。
null
本シーズン残り3レース、「ツインリンクもてぎ」「スポーツランドSUGO」そして  
「鈴鹿サーキット」での過酷な闘いに挑戦するVT-αにご期待ください。 
2010.07.22

ステッカー・プレゼント  〈MS事業部 J.K〉

今週末、開催される FN Rd.3 富士大会ピットウォーク時に『MOTUL TEAM無限』のステッカーを限定で配布します。
『無限』『井出有治』ファンの皆様 ゼヒ 手に入れてください。
無くなったら ごめんなさい!
null
2010.07.16

タイのホンダ・ワンメイクレース <商品事業部 A・K>

以前このプログでタイのHonda Festaの2009年最終大会について紹介いたしましたが、今回は6月の第3週に行われた2010年の第1大会の様子をレポートします。

今回 Rd.1の舞台となったのは、Keangkrachan Circuit(全長 2.9km)。 昨年オープンしたばかりのユニークなレイアウトのサーキットで、その位置は、タイの首都バンコクから南西に約150kmに位置するペッチャンブリーの郊外にあります。
20100701-20100702Keangkrachan Circuit.jpg
20100701-20100702PicA.jpg
20100701-20100702PicB.jpg

最近までタイでパーマネントサーキットといえばパタヤのBIRAサーキットしかなかった事情もあり、タイのモータースポーツ関係者の間でこのサーキットの存在は非常に期待されているようです。
20100701-20100702PicC.jpg

さて、先ず本年度のHonda Festaにおいて開催されるカテゴリーを紹介します。

(JAZZ ONE MAKE RACE )
 FITのワンメイクレースです。
性格:ビギナー向けレース。
   KARTチャンピオンの13歳の少年から、人気女優さんまで非常に色々な境遇の
   人達にチャレンジの門戸を開放しています。
改造範囲:安全装備が中心。エンジン・駆動系・制動系はノーマル。
 レース・ディスタンス:30km前後
参加台数:20台
20100701-20100702PicD.jpg
20100701-20100702PicE.jpg  
今回Pole to Finishを飾ったKuntatee Kusiriさん。
17歳だそうです。
20100701-20100702PicF.jpg 
20100701-20100702PicF2.jpg

(CIVIC ONE MAKE RACE)
CIVICのワンメイクレースです。TYPE Rでは無く1.8LのFD1をベースにしてます。
性格:インター・ミディエイト向けレース。
改造範囲:ワンメイクながら、排気系・制動系・リアウイングについては各チーム毎に
改造可能。
レース・ディスタンス:30km前後
参加台数:16台
20100701-20100702PicG.jpg
20100701-20100702PicH.jpg  
今年から、この全車輌が排気量2.0リッターのTYPE Rに搭載されるK20Aエンジンに換装することになり、併せて無限のE.C.U.・バルブスプリング・クラッチ・L.S.D.等のパーツを指定部品として採用していただきました。(尚、ドライブシャフトはEP3のものを使っているそうです。)
20100701-20100702Pic I.jpg  
MUGEN E.C.U.
2.0L化したことによって、去年のLAPタイムと比較してこのサーキットで昨年よりナント5秒の短縮を実現したそうです。(併せてエキゾースト・ノートも随分迫力の有るものに
なりました……。)「せっかく、エンジンもK20Aになったことだし、いつか日本のワンメイクレースとの交流戦が実現できないかなー?」とかつい考えてしまいます。

(CLUB RACE)
アマチュア向けのクラブマンレースです。基本的にホンダ車なら参加可。CVTのJAZZも
出場してます。
レースディスタンス:20km前後
参加台数:18台

(PRO CUP)
その名の通り、プロフェッショナル向けのレースです。車輌の改造範囲も広くK20Aエンジンを搭載したEKシビックなんかも走っています。
EGシビックからFD2・AP1までが下克上の闘いを繰り広げる熾烈なスプリントレース
です。
プレステのグランツーリスモやXboxのForzaのようにエントリー車輌にバラエティがあり、Honda車によるifの対決が実際に見られます。
20100701-20100702Pic J.jpg
優勝したDC5
20100701-20100702Pic K.jpg
国内では見られないES CIVICのレースカー
20100701-20100702Pic L.jpg
アメリカンなカラーリングのDC2
20100701-20100702PicM.jpg
FD2とEK改のバトル
20100701-20100702PicN.jpg

今回のスケジュールは、
金曜日が「練習日」
土曜日が「車検」 と 「予選」
日曜日が「決勝レース」という流れになっており、決勝レースについては午前及び午後に各1回行われ、2レースが開催されました。
ちなみに、JAZZもCIVICも各大会の間はオーガナイザーが一元管理しており、レースウイークまで各ドライバー・チームとも参加車両に触れることは出来ないそうです。

これは土曜日の午前中の車検場の風景です。
20100701-20100702PicO.jpg
20100701-20100702Pic P.jpg
20100701-20100702PicQ.jpg

本イベントのエントリーの車輌は”LOG BOOK” (日本のシビックワンメイクレースでは「テクニカルパスポート」といって運用しています)によって管理され、車検において不備・不具合があった場合、これに履歴が残る仕組みになっています。

車検場に表示されていた各カテゴリーの最低重量です。
20100701-20100702PicR.jpg

「予選結果」はタイム順にカテゴリーを並べていくとこんな感じです。
PRO CUP 1:27.910 (DC5)
CIVIC OMR 1:29.724
JAZZ OMR 1:37.713
CLUB RACE 1:36.711(EG6)
ちなみに昨年の1.8LのエンジンによるCIVICの予選タイムは1:34秒台だったとの
ことです。
CIVICで予選1位を獲得したJACK LEMVARDさんとそのレースカーです。
20100701-20100702PicS.jpg

最後にCIVICワンメイクレースの写真を何枚かご紹介。
決勝直前のスターティンググリッドの状況です。
20100701-20100702PicT.jpg
20100701-20100702PicU.jpg
20100701-20100702PicV.jpg
決勝レースの写真です。持参したカメラの性能と当方の技術が悪く他にも何枚か撮ったのですが、お見せできるのは残念ながらこの一枚のみ。
20100701-20100702PicW.jpg
第2レースの終盤はスコールがやってきて、コース上でスピンする車両が多発しましたが、特に大きな事故も無く第一大会は無事終了しました。
今回2.0LになってCIVIC初のレースを制したのはMunkong Satianteerakul(下写真)さんでした。
日本でKARTの修行をしていた時期があるそうなので、これを読まれている日本の方にも
ご存知の方がいるかもしれません。
20100701-20100702PicX.jpg
折角、勝ったのにこのレースの後、英国に留学するということで、もうこのレースには出られないということです。非常に残念です….。

さて、この愛すべき偉大なイベント「Honda Festa」の今後の予定は次の通りです。
20100701-20100702PicY.jpg
8月28日・29日 第2大会/第3大会:パタヤ / BIRAサーキット
10月9日・10日 第4大会:チェンマイ/ 特設ストリート・サーキット
11月27日・28日 第5大会:プーケット/ 特設ストリート・サーキット
パドックは関係者しか入れませんが、観客席からの観戦は無料ということなので、タイに行く機会のあるHondaファンの方は是非、尋ねてみてください。
特に特設のストリート・サーキットで開催されるレースは日本では決して見ることが
出来ない光景ですので、オススメです。
2010.07.02