MUGEN STAFF BLOG

MUGEN EUROのビジネス <商品事業部 A・K>

普段あまり紹介する機会が無いので、今回は、当社の欧州における拠点であるMUGEN EUROのビジネスについて紹介します。
MUGEN EUROは、モータースポーツのメッカである英国のノースハンプトンにあります。(ロンドンから北に約100km。)シルバー・ストーン・サーキットまでは20分圏内のロケーションで、故にこのエリアは「レーシング・バレー」と呼ばれる英国のレース産業のメッカとなっています。(ほとんどのFORMULA 1チームがこの街を中心とした半径50km以内にあるのがその命名の由縁でしょう。ちなみに、MUGEN EUROの近所には
あの「コスワース・エンジニアリング」や「マーレー(鍛造ピストン屋さん)」といった老舗のレーシングマニュファクチャラーがあります。
20100831-20100831a.jpg
メイン・ビジネスは欧州地域における競技用エンジンの供給です。
「ツーリングカー」、「ラリー」のみならず入門用シングルシーター等へエンジンを供給し欧州におけるホンダ車のモータースポーツ活動を支援しています。

20100831-20100831b.jpg
IRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)

20100831-20100831c.jpg
STCC(スェーデン・ツーリングカー選手権)

20100831-20100831d.jpg
ニュルブルリンク24時間レース

こうした、レーシング・マニュファクチャラーであるノウハウを活かして、MUGEN EUROは、欧州型のCIVIC TYPE R (FN2)をベースとしたハイ・パフォーマンス・コンプリートカー(限定20台)の製造・販売のビジネスを今春より開始しました。

本車両の名称はCIVIC TYPE R MUGEN
20100831-20100831e.jpg
レースで培ったノウハウを傾注し、240馬力にパワーアップしたK20Aエンジン(STDは200馬力。何と40馬力UP!排気量はそのまま。当然、過給機にも頼っていません。)を搭載、それに併せて、ブレーキと足回りを強化した究極のロードゴーイングCIVICです。
38,599ポンド(2010年8月の為替レートで円に換算すると約500万円)という価格については、非常にコスト・パフォーマンスが高いと現地のジャーナリストより評価されています。
英国生まれではありますが、まさにMUGEN RR(ダブルアール)の兄弟ともいうべき
存在です。

このクルマは一台、一台 MUGEN EUROのファクトリーで、MUGEN EUROのスタッフによって丁寧に製作され、購入されたお客様に対して納車されています。
大体、2週間から3週間のペースで一台、一台が丁寧に製作されています。
写真は、組立作業中のファクトリーの風景です。
20100831-20100831f.jpg
まさに「手作り=カスタムメイド」の限定車両です。
20100831-20100831g.jpg

K20AエンジンもMUGEN EUROのファクトリーで丁寧にリビルドされ、専用のカムシャフトとピストン・オイルパン等が組みつけられます。当然、ECUもこのエンジンの特性に対応した専用データをマッピングしたスペシャルの仕様を用意しています。
20100831-20100831h.jpg
組上がったエンジンはエンジン・ダイナモによって一台・一台性能が確認され、その出力計測結果(パワーグラフ)はオーナーズ・マニュアルと一緒にユーザーに引き渡されます。

20100831-20100831i.jpg
MUGEN EUROのエンジン・ダイナモにて出力計測中のエンジン。

20100831-20100831j.jpg
自分の購入する車のエンジンのパワーカーブが記載されたユーザーズマニュアル。

20100831-20100831k.jpg
更にエンジン・ダイナモでは、サーキットシュミレーションモードで実際にモンツァサーキット(エンジン屋の腕の差が出ることで有名なイタリアのハイ・スピードサーキット。)の再現走行をしたデータ(上記)もユーザーに引き渡されます。
更に、このオーナーズ・マニュアルには組立中のエンジン・車体の写真が添付されていて、オーナーは自分の車の「生い立ち」を追体験することもできます。まさに手作りの
商品ならではの貴重なサービスといえるでしょう。

このプロジェクトについては、皆さんに対してもっと書きたいこと・もっとご紹介したいことがあるのですが、このコーナーのスペースでは、残念ながら限界があります。
国内のホンダ専門誌さん、英国まで取材に来ませんか?
2010.08.31

ウインド・フィルム <MS事業部 J.K>

いつからか当たり前になった・・・フロント・ウインドの視界を保つフィルム『SS180』はレース専用フィルムとしてFNCと『無限レース・チーム』が実戦を通して共同開発したものです。

ガラスの保護用フィルムSuper Shieldとして、初めてレースに登場したのは2002年8月の鈴鹿1000Km、もちろん昨日終了したGT鈴鹿大会でも使用しました。
抜群の耐久性を原点に、現在は高透明で、キズが付きにくく、汚れたらパッ!と剥がせるレース必須アイテムにまで成長しました。
あのF1レーサーのヘルメットに使用している、捨てバイザー・フィルムのフロントウインド版と言ったら分かりやすいかな。

通常は貼っていることが分からないほど透明なフィルムのお蔭で、レース中のタイヤカスや小石などによる傷・破損が無くなるばかりではなく、ドライバーを護ってくれる安心感もあります。虫や油などで拭き取りにくい汚れにも、一瞬にして対応できます。
今やSGT500の各チームはもちろん、ワンメイクチームからも問い合わせがきている隠れたヒット商品!です。

null
フロントガラスにSuper Shieldを貼り付けています。〈2002年8月鈴鹿1000km)

null
ピット作業中に剥がせて、クリヤーな視界を一瞬に確保できます。
2010.08.25

タイのホンダ・レーシング・フェスタ <商品事業部 A・K>

前回のブログでタイのホンダ・レーシング・フェスタを訪問し、そこで見てきたレースとそこに参加している人達に対してのレポートをしました。前回はパドック目線でしたが、今回は、来場者目線でこのイベントを紹介します。

ホンダ・レーシング・フェスタには、毎回 約2万人から3万人の来場者があるそうです。
当然、来場者の主な目的はレースを観に来ることです。(というかはっきり言ってクラッシュが起きるのを期待してます….)その中でも様々なHonda車のガチンコ対決が見られる
PRO CUP は最も注目が高いようでメインイベントとして認識されているようです。

仮設スタンドの様子です。
20100821-20100823-a.jpg

これって、国内のちょっとしたカテゴリーより人が入ってるのではないでしょうか。
日曜日 仮設スタンドは終日、通路や階段まで一杯で席を確保するのはかなり厳しい様子でした。

スタンドの裏には、ASIMOこそいませんでしたがアミューズメントスペースやイベントステージもあって、老若男女がファミリーで一日中楽しめるスペースを提供していました。
規模こそ小さいですが、まさに「鈴鹿」や「もてぎ」で行われているENJOY HONDAのタイ版という雰囲気でした。
20100821-20100823-b.jpg
入場ゲート。
20100821-20100823-c.jpg
ホンダ・レーシング・フェスタの実績及び各カテゴリーの紹介スペース。
20100821-20100823-d.jpg
レーシング・スーツに自分の顔を合成して記念撮影ができるらしい装置を置いたコーナー..。
20100821-20100823-e.jpg
風船ゲーム ?
20100821-20100823-f.jpg
ヨーヨー釣り ?
20100821-20100823-g.jpg
輪投げ ?
20100821-20100823-h.jpg
Honda Collection物販スペース
20100821-20100823-i.jpg
児童用アクテビティ・テント。
20100821-20100823-j.jpg
これ、すごく楽しそうだけどもとっても暑そう。日本人は多分耐えられない…..。
20100821-20100823-k.jpg
フード・コートも有りました。「フルーツ」や「鳥の丸焼き」・「魚の姿揚げ」なんかを売ってるのが国内では見られない珍しい光景でした。(去年のチェンマイの時には炎天下で日本風の「握り寿司」を売ってましたが、これには流石に挑戦する気にはなれませんでした…..。)
20100821-20100823-l.jpg
こんな大きなステージもあって、終始 賑やかにイベントが行われていました。

言い忘れましたが、レース観戦を含めて全て入場無料というのが、このイベントの太っ腹なところです。

また、来場者を対象に決勝日である日曜日のお昼にHonda Pit Tourと称して国内のSUPER GTやFORMULA NIPPONみたいにパドック・ツアーが開催されてました。
20100821-20100823-m.jpg
20100821-20100823-n.jpg

あまりにも人ごみが凄すぎて近くで撮影できなかったのですが….。
チームによっては、プロモーショングッズを配ったり、ドライバーとの記念撮影会をしたりして盛り上がっていました。

Honda Hot Lapsというレースカーの同乗走行イベントもありました。どういう基準で選ばれるのかまでは残念ながら確認できませんでしたが、当選者はJAZZとCIVICのワンメイクレースカーの助手席にてレーシング・スピードを体験することができます。
20100821-20100823-o.jpg
20100821-20100823-p.jpg
20100821-20100823-q.jpg
20100821-20100823-r.jpg
20100821-20100823-s.jpg

日常 自分の愛車では体験できないサーキットでの限界走行を体験出来て、皆さんとても
興奮していました。(写真の方は走行後、TVのインタビューを受けていました。)

また、自分の愛車でサーキットを走行する機会もホンダフェスタは提供してくれます。
Honda Track Experience というイベントで、今回の参加はJAZZのオーナーズクラブとCITYのオーナーズクラブの皆さん 約20台でした。
20100821-20100823-t.jpg

コース・イン前にはサーキット走行の心構えのレクチャーもしてくれるようで、初めての方にもちゃんと気配りをしてくれています。
20100821-20100823-u.jpg

レースに参加する人達もENJOY、そして観に来た人達へもENJOYを提供していこうという姿勢がこのイベントの素晴らしいところです。

今回 ホンダ・レーシング・フェスタへの訪問は4回目でしたが、このイベントに掛ける現地スタッフ達の情熱とプライドには行く度に感動させられます。是非、今年 残りの4イベントも成功させて欲しいものです。

ホンダ・レーシング・フェスタ 万歳!
2010.08.23

新アイテム投入!! <商品事業部T・A>

8月7・8日にツインリンクもてぎで開催されました、
フォーミュラニッポンRd4より新アイテムを投入しました。

↓これが今回から投入した新アイテムです。
20100818-20100818-1.png
さ~て 何でしょう?


正解は~~~~
20100818-20100818-2.png
正解は
ドライバーの井出 有冶選手がマシンに乗り込む際に
ドライビングシューズの靴底を綺麗にするマットでした・・・・

ドライビングシューズは普段みなさんが履いているスニーカーとは違い、
レーシングカーを運転することをメインにデザインされていますので、
20100818-20100818-3.png

靴底はこんなにフラットです。
20100818-20100818-4.png
なので、雨天時に濡れた時や、ほこりや砂が付いたまま乗り込むと
ドライビングしにくくなってしまいます。
そこで、このマットを敷いて靴底を綺麗にすれば、ドライビングに
集中できると考え投入しました。

実は、このマットは無限から市販されているスポーツマットと
同じ素材で製作されております。
(刺繍の無限ロゴ・レッドエッジも同じ物を使用しております)
20100818-20100818-5.png
↑写真はCR-Z用

現在、CR-Z・インサイト・フィット・フリードスパイク・
ステップワゴン・オデッセイの計6車種に設定しておりますので、
是非、スポーツマットをご購入の際はHondaの販売店でお買い求めください。


あっ! そういえば、井出選手が乗り込む所、撮影するの忘れてた~~~~~
2010.08.18

もてぎでプレゼント♪  <MS事業部 S.S>

こんにちは。
今週末はフォーミュラニッポンもてぎですね。

最近は毎週末出張で、ブログのネタも相当溜まっているのですが。。。サボってます。。。
今後、7月のレースから徐々にアップしていきますので、お楽しみに~~~ヾ(^∇^)

さてさて、今週のフォーミュラニッポンのピットウォークでは前回同様のステッカーを配布しちゃいます!
数に限りがありますので、貰えたらラッキーですよ♪

sticker

今週末も「TEAM MOTUL 無限」を応援してくださいね。
よ(^○^)ろ(^○^)し(^ー^)く(^○^)ぺこm(_ _)m
2010.08.06

日立くるまフェア10メーカー大展車会 <商品事業部T・A>

7月31日・8月1日に行なわれた日立くるまフェア10メーカー大展車会の
様子をレポートします。

今回、イベントが行なわれたのは、茨城県ひたちなか市にあります、
笠松運動公園で約56ヘクタール(東京ドーム12個分)の大きさを誇る、
陸上競技場・テニスコート・野球場・球技場・プール等がある総合運動公園
内の駐車場で開催されました。

実際、展車会が開催されました、第4駐車場は通常時740台を駐車できる
場所ということで、かなり大規模な合同展示会でした。

気がついた方もいるかと思いますが、日立くるまフェアという名称の通り、
この展示会は家電メーカー大手の日立グループ様の主催で、この茨城県
ひたちなか市自体が日立関連会社様の企業城下町となっております。

日立様が準備したメインステージ
 ステージ上には日立様の最新鋭薄型テレビ等が来場者様向け抽選会用に
 鎮座しております。(かなり魅力です。)
20100804-20100804-4.png

こちらがホンダブース
20100804-20100804-5.png

イベント用ステージカー 
このステージでじゃんけん大会やプロモーションを行ないました。
20100804-20100804-6.png

モービル1様 展示ブース
 いったい何個缶があるのでしょうか?・・・・
 クイズにしてみたい気分になります。
20100804-20100804-7.png
ハイブリッド車からハイパワー車まで多種多様なホンダエンジンの性能を
最大限引き出すモービル1エンジンオイル お奨めです!

こちらが無限として展示した2台
無限CR-Zデモカーと無限CR-Z JOY耐参戦車両
20100804-20100804-8.png

この2台は8月7・8日 ツインリンクもてぎで開催されます、
エンジョイホンダ もてぎ 2010の中央エントランスの
無限ブース前にも展示いたしますので、是非、見に来てください。

無限CR-Zデモカー
20100804-20100804-9.png
上から下まで、中から外まで
無限パーツフル装備です。


無限CR-Z JOY耐参戦車両
20100804-20100804-10.png
先月7月10・11日にツインリンクもてぎで開催された
2010もてぎEnjoy耐久レース“JOY耐”で
E1クラス優勝を飾ったレーシングカー!!

モービル様主催のじゃんけん大会
20100804-20100804-11.png
メインステージのイベントに次いで、盛り上がっていました。

2日間とも、好天に恵まれ30℃を越す最高気温の中で開催されましたが、
エコカー補助金のラストチャンスということもあり、2日間合計で
総来場者10,500人のお客様に来場していただきました。

今後も、このような展示会に積極的に参加していきますので、お近くで開催
される際は是非、皆様お越しください。
2010.08.05

「MOTUL TEAM無限」を応援しよう!!! <商品事業部 G.N>

本年より無限は井出有治選手をドライバーに迎え、Formula Nipponに「MOTUL TEAM無限」として参戦しておりますが、多くのファンの皆様より「応援するためのグッズが無い!」とのお声を多数?!頂戴いたしましたので、無限は「MOTUL TEAM無限」を応援するためのグッズを作りました。

その名は、、、「無限 Formula Nippon Tシャツ」です。
20100804-20100804-1.jpg
20100804-20100804-2.jpg

フロントには無限のワークスナンバーである#16をシンプルにレイアウトし、バックには無限がチームとして参戦しているフォーミュラニッポンの車体カラーリングをモチーフにしたデザインを採用しました!
20100804-20100804-3.jpg

さらにはドライメッシュ素材を採用することで、汗の乾きが速く、通気性にも優れているので、夏場のサーキット観戦に最適なTシャツです。

本来ならば、8月19日(木)発売予定のこの商品ですが、、、8月7日(土)~8日(日)にツインリンクもてぎで開催される「Formula Nippon Rd.4」の会場で先行発売いたしますので、是非ともこのTシャツを着て応援してください!

ちなみに、、、こちらのTシャツは無限オフィシャルショップにて販売しておりますが、数に限りがあります!お早目のご来店をお待ちしております。
2010.08.04