MUGEN STAFF BLOG

インドネシアのDRAG RACE <商品事業部A・K>

前回、マレーシアのセパン・サーキットで開催されたイベントの様子をレポートしましたが、実はその2日前、インドネシアの滞在中にセンツール・サーキット(インドネシアのモーター・スポーツの老舗サーキット。詳細はネット検索してみてください...)で開催されているというDRAG RACEを見てきました。

20150921-20150921-1.jpg

残念ながらスケジュールの都合上、訪れられたのは予選日、しかも1時間しかいられなかったので、本イベントの詳細と魅力を「語る」ことは怖れ多くも出来やしませんが・・・
ここでもHonda車が活躍していた事実を伝えたくて撮ってきた画像をご紹介します!

20150921-20150921-2.jpg

20150921-20150921-3.jpg

20150921-20150921-4.jpg

20150921-20150921-5.jpg

20150921-20150921-6.jpg

20150921-20150921-7.jpg

20150921-20150921-8.jpg

残念ながら時間の都合上、各車両のSPECについては取材できませんでした。申し訳ありませんが、これらの画像から妄想してみてください。

しかし、何処にいってもモータースポーツにおけるHonda車の圧倒的な存在感には驚かされますね。

それではまた!
2015.09.21

マレーシアのHondaユーザーとの交流 <商品事業部A・K>

毎年、8月31日といえば「夏休み最後の日」。屋外から子供たちがいなくなる日としてこの国では有名ですが、その同じ日を「独立記念日」としている国があります。それがマレーシア。

この記念すべき祝日にマレーシアで無限製品を取り扱ってくれているJC RACINGがセパンサーキットを半日占有してHonda車限定の走行会「JC RACING MERDEKA TRACK  DAY」を開催すると聞いて、尻の軽い私は迷わず見に行ってきました。

20150914-20150914-1.jpg

さて当日、朝、パドックに到着するともうそこは「オール・ホンダ」というか「オンリー・ホンダ」の世界・・・。
おのずとテンションが上がって来ました・・・。

20150914-20150914-2.jpg

20150914-20150914-3.jpg

20150914-20150914-4.jpg

20150914-20150914-5.jpg

参加受付の様子。どこも一緒の光景ですね。
エントリーフィーは1人、750マレーシア・リンギット(当日の換算レートで約21,000円)。
あとは、「ヘルメット」と「グローブ」「レーシングシューズ」の着用が出走の条件で、サーキットライセンス等の所持は不問だそうです。

20150914-20150914-6.jpg

20150914-20150914-7.jpg

懐かしいスーパー・シビックからCR-Z, FIT3まで新旧バラエティに富む車種が勢ぞろい。

20150914-20150914-8.jpg

ピットは4番~15番までを本イベントの為に貸切ったようですが100台近いエントリーにパンク寸前の状態でした。ただでさえ赤道直下で熱くてしょうがないのに、エンジンからの廃熱に参加者の方々の熱気が加わって軟弱な私には5分と耐えられない状況・・・

20150914-20150914-9.jpg

気になる参加車両の内訳はFD2が全体の4割くらい。(実はこのクルマ、ここマレーシアでもHondaさんにより正式に販売さていたんです。このトリビアご存知の方いましたか?)

次に多かったのがES型のCivic。国内の走行会ではまずみられないクルマなので非常に
新鮮でした。

20150914-20150914-10.jpg

他、珍しいところではCL7やFN2なんていうクルマの参加も確認しました。

20150914-20150914-11.jpg

しかしながら、なんといっても一番驚いたのはコレ・・・

20150914-20150914-12.jpg

マレーシアでRR“ダブルアール”と再会。どういう経緯で海を渡ったのかは定かではありませんが、元気にセパンのコースを走る姿を見せてくれたのでした!

20150914-20150914-13.jpg

20150914-20150914-14.jpg

コース上では、排気量と改造範囲で6つに分けられたクラス毎にラップタイムを競う
「タイムアタック」がホットに行われていました。(タイム計測をしないオープンクラス
のエントリーも可)

20150914-20150914-15.jpg

閉会式ではクラス毎に表彰式があり、各クラスの1位の方には無限からもささやかなプレゼントを進呈させていただきました。当然、このポディウムはF1とかSUPER GTとかで
皆さん憧れのスパースターの面々が御立ちになられた大変、畏れ多い神聖な場所です・・・。

20150914-20150914-16.jpg

20150914-20150914-17.jpg

前回は、アメリカの「Dyno Day」の様子をレポートさせていただき非常に「熱い」ユーザーの方々を紹介させていただきましたが、このマレーシアのイベントでもユーザーの方々との交流を通じて同様に「熱い」意識をまざまざと見せつけていただきました。
赤道直下というアドバンテージを抜きにしても彼等のパッションはアメリカのユーザーに劣りません。将来、双方(勿論、日本も!)の地域のハードコア・ユーザーを結びつける機会を実現できないものかとしばしば仕事もしないで考えてます。

さて、最後に一部の方へ朗報?
主催のJC RacingのJacky代表に「日本人でも参加出来るのかなぁ?」と駄目もとで尋ねたところ「エントリーフィー払ってくれて、ヘルメット等の装備持って来てくれればウエルカムだよ。レンタルするクルマの費用は考えなくちゃいけないけどね。」というあっさりした返事が返って来ました。ということで、貴方にもヘルマン・ティケの設計したあの憧れのコースへのアタックが夢ではありません。いかがでしょうか・・・? 
勿論、飛行機代がかかりますけど・・・。

J●BさんとかH●Sさん、ツアー企画してくれませんかね?「Type Rでセパンを攻めよう!マレーシア2泊3日の旅」とかいう商品名で。

2015.09.14