MUGEN STAFF BLOG

【東京モーターショー2017】

10月25日より東京ビッグサイト(東京都江東区)で東京モーターショー2017が始まりました。

無限は日信工業株式会社様のNISSINブースにマン島TTレースTT-Zeroクラスで優勝した『神電六』とEVモトクロッサーコンセプトマシン『E.REX』を展示させていただきました。

また本田技研工業様のHondaブースにピエール・ガスリー選手がドライブしたスーパーフォーミュラマシン『SF14 15号車』も展示しております。

普段は間近で見る機会が少ないマシンをぜひご覧ください。

一般公開日は10月28日(土)~11月5日(日)となっております。
詳しくは下記をご覧ください。

東京モーターショー2017
http://www.tokyo-motorshow.com/

日信工業株式会社
http://www.nissinkogyo.co.jp/

本田技研工業
http://www.honda.co.jp/

20171026-20171026-1.jpg

20171026-20171026-2.jpg

20171026-20171026-3.jpg
2017.10.26

【SUPER FORMULA】Rd.7 SUZUKA

大型台風による影響を考慮して、残念ながら決勝は中止となりました。

予選は5分遅れの13時55分より開始されましたが、大雨による路面状況がひどく、コースイン直後に赤旗中断。14時40分より再開されましたが、コースアウトするマシンが複数あり、断続的に中断。結局、最後の4〜5ラップでの勝負となりました。

#16 山本選手と#15 ガスリー選手は、赤旗中断後のレース再開の度にクリアラップの確保に務めましたが、トラフィックにとらわれベストなタイムを叩き出すことは叶いませんでした。#16 山本選手は14番手、#15 ガスリー選手は8番手となり、Q2に備えはじめようとしたところで、Q2とQ3の中止が発表されました。

午前に提示されたフォーマット案では、Q1のみ開催された場合は、Q1のベストタイムがレース1のグリッド順、同じくQ1のセカンドタイムがレース2のグリッド順となり、#16 山本選手は15番/12番、#15 ガスリー選手は8番/6番からのスタート予定となりました。

しかし17時過ぎに、大型台風による天候悪化、交通状況などを考慮して、やむなく決勝中止の判断が下されました。#15 ガスリー選手は、ランキング首位に0.5ポイント差まで詰め寄っていた状況だけに、非常に残念な締めくくりとなってしまいました。尚、#15 ガスリー選手は、2017年のルーキー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得しました。またチームタイトルについても、TEAM MUGENはランキング首位に4ポイント差の2位で、シーズンを終えることとなりました。

シーズンに渡り、皆様からのご声援に厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

20171023-20171023-6.jpg

20171023-20171023-7.jpg

20171023-20171023-8.jpg

20171023-20171023-9.jpg

20171023-20171023-10.jpg
2017.10.23

【SUPER FORMULA】Rd.7 SUZUKA フリー走行

2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権がついに最終戦を迎えました。ここ鈴鹿サーキットは、台風の影響で朝から大雨です。午後の予選が中止になった場合、朝のフリー走行のタイムが決勝グリッドに直接影響する旨の案がオフィシャルより提示されました。

内容は予選が中止になった場合、レース1はフリー走行のベストタイム順、レース2はフリー走行のセカンドタイム順にそれぞれグリッドが決定する、というものです。

フリー走行では時間を追うごとに雨脚が強くなり、クラッシュ、コースアウトするマシンが続出。幾度にも渡り、赤旗中断となる中、16号車の山本選手は14番手、セカンドタイムでは9番手となり、一方で15号車のガスリー選手は3番手、セカンドタイムでは2番手となりました。

予選は13時50分開始予定です。皆様のご声援、何卒、宜しくお願い申し上げます。

20171023-20171023-3.jpg

20171023-20171023-4.jpg

20171023-20171023-5.jpg
2017.10.23

【SUPER FORMULA】Rd.7 SUZUKA

21日からスーパーフォーミュラ第7戦が三重県の鈴鹿サーキットにて開催されます。

今シーズンもいよいよ最終戦となります。
3戦連続表彰台でポイントランキング2位の#15ピエール・ガスリー選手はトップから0.5ポイント差で、シリーズチャンピオンを掛けて挑みます。
また#16山本尚貴選手は開幕戦で2位表彰台を獲得した得意の鈴鹿で今季初優勝を目指します。

TEAM MUGENとしてもチームランキング2位ですのでふたりのドライバーがポディウムに上がればチームタイトルが獲れます。

最終戦は午前と午後の2レース制です。
Race1はガチンコのスプリントレース、Race2はドライコンディションであればタイヤ4本交換の義務があり、チーム戦略が見所となります。

TEAM MUGENの両ドライバーに皆様の熱いご声援をよろしくお願いします!

-TEAM MUGENオフィシャルサイト-
http://www.mugen-power.com/motorsports/sf2017/
-スーパーフォーミュラオフィシャルサイト-
http://superformula.net/sf/race/2017/1707/


20171023-20171023-1.jpg

20171023-20171023-2.jpg
2017.10.23

【SUPER GT】Rd.7 Chang International Circuit

10月7日(土)、10月8日(日)にSUPER GT第7戦がChang International Circuit(タイ)にて開催されます。

灼熱のタイラウンドですが、このChang International Circuitはヨコハマタイヤと相性がよいと言われています。

今年はタイヤ開発に試行錯誤しながら苦しいレース展開が多い中、タイラウンドでは結果を残したいと思います。

武藤・中嶋両選手選手共に気合十分ですのでこれまでの鬱憤を晴らすレースをしてくれるでしょう!

皆さまの引き続きの応援、どうぞよろしくお願い致します!

-TEAM MUGENの無限オフィシャルサイト-
http://www.mugen-power.com/motorsports/sg2017/

-SUPER GTオフィシャルサイト-
https://supergt.net/races/index/2017/Round7/


20171011-20171011-1.jpg

20171011-20171011-2.jpg

20171011-20171011-3.jpg
2017.10.11