MUGEN STAFF BLOG

MUGEN RRのバースディ・ケーキ <商品事業部A・K>

今年の初夏に訪問したアメリカ ウイスコンシン州ミルオゥキーにおいて無限製品の販売代理店であるKING MOTORSPORTSが開催したDynoDayイベントについては先般ご紹介した通りですが、そこでもう一つ忘れてはならないTOPICがありました。

このイベントが開催された前日の6月25日は奇しくも私KのXX回目の誕生日だったのですが、これに併せてKING MOTORSPORTSが私の為にとってもスペシャルな「バースディ・ケーキ」を用意してくれました。
(それも普通のケーキだったらわざわざここには書きません。ただの幸せ自慢になってしまいますので…)
それがコレです!

20161014-20161014-1.jpg

なんと、CIVIC MUGEN RRのケーキです!しかも日本語でメッセージまで添えてくれていて大感激!(特にこの「誕」の字を書くのに大変苦労したであろうことが判るだけに….)私にとって生涯忘れないであろう最高の誕生日となったことは言うまでもありません。
さて、これがどうやって造られたか非常に興味深々でしたが、私のその興味を悟ったのかその後、現地からメイキングの画像が送られてきましたので、併せて紹介します。

20161014-20161014-2.jpg

20161014-20161014-3.jpg

20161014-20161014-4.jpg

20161014-20161014-5.jpg

20161014-20161014-6.jpg

20161014-20161014-7.jpg

20161014-20161014-8.jpg

20161014-20161014-9.jpg

20161014-20161014-10.jpg

20161014-20161014-11.jpg

20161014-20161014-12.jpg

20161014-20161014-13.jpg

非常に手間の掛るプロセスにも拘らず、最後まで根気よく仕上げていただいたことに感謝です。造られた方がどこの誰なのか私には残念ながら判らないのですが、この写真の「手」の持ち主の方にいつか会って話をしてみたいなと思っています。

本当に素敵な「ケーキ」をありがとうございました!

結局、幸せ自慢になっちゃいましたね。申し訳ありません….
それでは、また!

2016.10.14

今週末は無限サーキットチャレンジ <管理部S・W>

11/21(土) 筑波サーキットで「無限サーキットチャレンジ」を開催します。

20151118-20151119‐1.jpg

参加申し込みは締め切りましたが、ホンダ車や無限製品に興味のある方はぜひ見に来てください。

講師として山本尚貴選手と山野哲也選手を予定しています。
このお二人が無限デモカーに乗って走る姿は他ではなかなか見られないですよ。

入場は無料、走行は9:15~16:00の予定です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

皆さんのお越しをお待ちしております!
2015.11.19

MUGEN FORMULA in KidZania <商品事業部A・K>

あれは幕張で開催されていた東京オートサロンの会場へ向かうために新木場方面へ向かう早朝の有楽町線に乗車していた時のこと…。

週末だから座れるだろうという期待も空しく、真冬の6時台という薄暗い時間にもかかわらず親子連れで車内は大盛況!首都圏在住の方であればお察しの通り、浦安名物の「夢の国」へ向かう幸せなご家族の皆様の光景と思いきや、その中でもポップコーン・ケースを持っていない親子連れが先を争い「豊洲駅」で下車。「???」と思っていたところ、ここに児童向け職業体験のアトラクションである「KidZania」なる施設があることを知りました。

さて、前段長くなりましたが、この「KidZania」。ワールドワイドに展開しているのをご存知でしょうか、検索してみたところ本社はメキシコで、私たちの属するアジアでは「ソウル」「クアラルンプール」「ジャカルタ」「バンコク」にあるそうです。

この度、本年8月にオープンした「マニラ」の「KidZania」へ訪問させていただく機会をいただきましたので紹介いたします。

20151029-20151029-1.jpg

20151029-20151029-2.jpg

さて、どーして児童向けの施設についてこのブログで紹介するかというと、なんとここにMUGENのFORMULAがあるからなのです。
何故あるかというと「ホンダ・カーズ・フィリピン(フィリピンの4輪車を取り扱われるHonda現地法人です)」さんがこの施設に参加されており「レーシング・メカニックの職業体験」という超素晴らしいコーナーをご提供されているのですが、その設備の一部としてなんと光栄にもMUGENのSF13をモチーフとした1/4スケールのクルマを使っていただいているのです。

20151029-20151029-3.jpg

20151029-20151029-4.jpg

20151029-20151029-5.jpg

参加されるお子さんたちはこのクルマを使って5人一組で職業体験である「タイヤ交換」をします。「タイヤ交換」は1チーム 3回トライアルでき、その中のベスト・タイムが記録として残るというシステムです。

20151029-20151029-6.jpg

20151029-20151029-7.jpg

20151029-20151029-8.jpg

ここに使われるツールである「ジャッキ」

20151029-20151029-9.jpg

「ホイール」&「ホイール・ナット」

20151029-20151029-10.jpg

「インパクト・レンチ」

20151029-20151029-11.jpg

いずれもこの設備だけの為だけに作られたONLY ONEだとのことでこれらの「拘り」と「造り込み」には非常に感激しました。また、ブース内も非常に演出が請っていて、「レーシング・メカニック」が体験者の「憧れの職業」になること間違いなし..。

20151029-20151029-12.jpg

これを体験してくれた子供達が数年後、アジアのモーター・スポーツ産業を背負ってくれることを期待してしまいます。また、10年後の無限メカニックのメンバーにこのアトラクションの体験者がいたらいいなあ~。と子供達だけでなく私も夢を分けていただきました。ホンダ・カーズ・フィリピンさん、ありがとうございました!
そして創立25周年おめでとうございます!(車体番号の「25」はこれに由来するということです…。)




2015.10.29

ボランティア活動をしてきました <管理部S・W>

SUPER FORMULA第6戦 スポーツランドSUGOに合わせて10月16日(金)~17日(土)と宮城県岩沼市でボランティア活動をしてきました。
チーム無限のスポンサーであるJBCC様(http://www.jbcc.co.jp/)よりお誘いを受け参加しました。

20151023-Rd5_014.jpg

今回参加したのは「森の長城プロジェクト」(http://greatforestwall.com/)で、青森県から福島県まで森を育て、巨大津波から命を守る森の防潮堤を築いていくものです。

20151023-20151023-1.jpg

JBグループの皆様と総勢40名ほどで雑草を抜くところからスタートし、1時間ほどで植樹準備が完了。一休みしてから1000本の苗木を植えていきました。天気がよくみんな汗をかきながら1本、1本丁寧に植えていました。

20151023-20151023-2.jpg

植えた後は藁を敷き詰め、藁が飛ばないようにロープで止めます。藁を運ぶのもチームワーク良く予定よりも早く作業が終わりました。余った時間はほかの場所の雑草抜きをひたすら行ないました。

20151023-20151023-3.jpg

今回作業を行なった岩沼海岸は海沿いに公園が整備されていますが、東日本大震災以前は集落があったそうです。岩沼市だけでも5428戸の建物が被害を受け、180名の方が命を落とされたそうです。震災の映像で仙台空港に津波が押し寄せる映像がありましたがまさにあの場所です。
2度とあのような悲劇を繰り返さないためにも、森の長城が1日も早く完成するようにチーム無限も協力していきたいと思います。

20151023-20151023-4.jpg




2015.10.23

インドネシアのDRAG RACE <商品事業部A・K>

前回、マレーシアのセパン・サーキットで開催されたイベントの様子をレポートしましたが、実はその2日前、インドネシアの滞在中にセンツール・サーキット(インドネシアのモーター・スポーツの老舗サーキット。詳細はネット検索してみてください...)で開催されているというDRAG RACEを見てきました。

20150921-20150921-1.jpg

残念ながらスケジュールの都合上、訪れられたのは予選日、しかも1時間しかいられなかったので、本イベントの詳細と魅力を「語る」ことは怖れ多くも出来やしませんが・・・
ここでもHonda車が活躍していた事実を伝えたくて撮ってきた画像をご紹介します!

20150921-20150921-2.jpg

20150921-20150921-3.jpg

20150921-20150921-4.jpg

20150921-20150921-5.jpg

20150921-20150921-6.jpg

20150921-20150921-7.jpg

20150921-20150921-8.jpg

残念ながら時間の都合上、各車両のSPECについては取材できませんでした。申し訳ありませんが、これらの画像から妄想してみてください。

しかし、何処にいってもモータースポーツにおけるHonda車の圧倒的な存在感には驚かされますね。

それではまた!
2015.09.21

マレーシアのHondaユーザーとの交流 <商品事業部A・K>

毎年、8月31日といえば「夏休み最後の日」。屋外から子供たちがいなくなる日としてこの国では有名ですが、その同じ日を「独立記念日」としている国があります。それがマレーシア。

この記念すべき祝日にマレーシアで無限製品を取り扱ってくれているJC RACINGがセパンサーキットを半日占有してHonda車限定の走行会「JC RACING MERDEKA TRACK  DAY」を開催すると聞いて、尻の軽い私は迷わず見に行ってきました。

20150914-20150914-1.jpg

さて当日、朝、パドックに到着するともうそこは「オール・ホンダ」というか「オンリー・ホンダ」の世界・・・。
おのずとテンションが上がって来ました・・・。

20150914-20150914-2.jpg

20150914-20150914-3.jpg

20150914-20150914-4.jpg

20150914-20150914-5.jpg

参加受付の様子。どこも一緒の光景ですね。
エントリーフィーは1人、750マレーシア・リンギット(当日の換算レートで約21,000円)。
あとは、「ヘルメット」と「グローブ」「レーシングシューズ」の着用が出走の条件で、サーキットライセンス等の所持は不問だそうです。

20150914-20150914-6.jpg

20150914-20150914-7.jpg

懐かしいスーパー・シビックからCR-Z, FIT3まで新旧バラエティに富む車種が勢ぞろい。

20150914-20150914-8.jpg

ピットは4番~15番までを本イベントの為に貸切ったようですが100台近いエントリーにパンク寸前の状態でした。ただでさえ赤道直下で熱くてしょうがないのに、エンジンからの廃熱に参加者の方々の熱気が加わって軟弱な私には5分と耐えられない状況・・・

20150914-20150914-9.jpg

気になる参加車両の内訳はFD2が全体の4割くらい。(実はこのクルマ、ここマレーシアでもHondaさんにより正式に販売さていたんです。このトリビアご存知の方いましたか?)

次に多かったのがES型のCivic。国内の走行会ではまずみられないクルマなので非常に
新鮮でした。

20150914-20150914-10.jpg

他、珍しいところではCL7やFN2なんていうクルマの参加も確認しました。

20150914-20150914-11.jpg

しかしながら、なんといっても一番驚いたのはコレ・・・

20150914-20150914-12.jpg

マレーシアでRR“ダブルアール”と再会。どういう経緯で海を渡ったのかは定かではありませんが、元気にセパンのコースを走る姿を見せてくれたのでした!

20150914-20150914-13.jpg

20150914-20150914-14.jpg

コース上では、排気量と改造範囲で6つに分けられたクラス毎にラップタイムを競う
「タイムアタック」がホットに行われていました。(タイム計測をしないオープンクラス
のエントリーも可)

20150914-20150914-15.jpg

閉会式ではクラス毎に表彰式があり、各クラスの1位の方には無限からもささやかなプレゼントを進呈させていただきました。当然、このポディウムはF1とかSUPER GTとかで
皆さん憧れのスパースターの面々が御立ちになられた大変、畏れ多い神聖な場所です・・・。

20150914-20150914-16.jpg

20150914-20150914-17.jpg

前回は、アメリカの「Dyno Day」の様子をレポートさせていただき非常に「熱い」ユーザーの方々を紹介させていただきましたが、このマレーシアのイベントでもユーザーの方々との交流を通じて同様に「熱い」意識をまざまざと見せつけていただきました。
赤道直下というアドバンテージを抜きにしても彼等のパッションはアメリカのユーザーに劣りません。将来、双方(勿論、日本も!)の地域のハードコア・ユーザーを結びつける機会を実現できないものかとしばしば仕事もしないで考えてます。

さて、最後に一部の方へ朗報?
主催のJC RacingのJacky代表に「日本人でも参加出来るのかなぁ?」と駄目もとで尋ねたところ「エントリーフィー払ってくれて、ヘルメット等の装備持って来てくれればウエルカムだよ。レンタルするクルマの費用は考えなくちゃいけないけどね。」というあっさりした返事が返って来ました。ということで、貴方にもヘルマン・ティケの設計したあの憧れのコースへのアタックが夢ではありません。いかがでしょうか・・・? 
勿論、飛行機代がかかりますけど・・・。

J●BさんとかH●Sさん、ツアー企画してくれませんかね?「Type Rでセパンを攻めよう!マレーシア2泊3日の旅」とかいう商品名で。

2015.09.14

Under the Sky of America <商品事業部A・K>

先月、3年振りにKing Motorsportsの主催するイベント-「Dyno Day 2015」を訪問してきました。King Motorsportsは80年代の半ばから約30年 全米のHonda/ Acuraのユーザーに対して無限製品の供給を行っている私達の良きパートナーです。

20150730-20150730-1.jpg

そのKing Motorsportsが毎年、一回 行っている名物イベントがこの「Dyno Day」で簡単にいうと「シャシ・ダイナモ」をメインステージとして、「おーっ」とか「わーっ」とかいうアメリカンな歓声の中、馬力一等賞のクルマが理屈抜きに「偉い」というVeryホットなイベントです。

20150730-20150730-2.jpg

20150730-20150730-3.jpg

King MotorsportsがHonda車(以後、面倒なのでAcuraも含んでこう表現します)を中心としたチューニングビジネスを行っていることより、周辺のHondaユーザーからは「お伊勢参り」的な定番イベントとなっており当然、オフ会の人達も大集合。
北海道のXX平野のような牧歌的風景(言い忘れました。King Motorsportsの所在地はウィスコンシン州のミルウォーキー。「牛肉」・「乳製品」・「ビール」が特産品です。これらの特産品と風景が北海道と非常に被るので前述のような表現をしました…)に突如、約450台のHonda車と1,200人のハードコアな方々が集結しました。突然の非日常の光景の出現にご近所はビックリ!

20150730-20150730-4.jpg

聞いたところによると西はカリフォルニア・南はフロリダからとこのイベント参加の為にわざわざ数千マイルを自走してきた猛者もいたとのこと。ひたすら脱帽です....。

20150730-20150730-5.jpg

何より嬉しいのが、国内では最近、残念ながら見られなくなってしまった前世紀のHonda車が未だにここでは現役で活躍していることです。DC2、EK、EG、EFという個性ある先輩達が、今世紀のクルマに負けない存在感を放っていました。

折角ですので、そこで撮ってきた画像を幾つか以下にご紹介。

20150730-20150730-6.jpg

アメリカでは確かNSX-Rは販売されていなかったと思いますが....。
なんと日本仕様のボディにコンヴァージョンしちゃったそうです。エンジン以外は全て手が加えられているそうで、おそらくもう一台買えるくらいの費用が掛かっているのでしょうね....。

20150730-20150730-7.jpg

2007年にアメリカン・ホンダから限定1,000台でリリースされた「MUGEN CIVIC Si」当日は5台が参加。

20150730-20150730-8.jpg

どんな翻訳ソフトを使ったらこうなるのか....?

20150730-20150730-9.jpg

当日、個人的に最も気に入ったクルマ。

20150730-20150730-10.jpg

現在のトレンドの主流はDC5

20150730-20150730-11.jpg

20150730-20150730-12.jpg

チバラギ仕様が、ワールド・スタンダードだったことに驚く。

20150730-20150730-13.jpg

やられた!ボンネットのこういう「使い方」、思いつかなかった....

20150730-20150730-14.jpg

20150730-20150730-15.jpg

「吸排気系」・「タワーバー」・「MF10ホイール」Etc.とMUGEN製品で積極的に武装したDC2.「MUGEN賞」を差し上げました。もはや絶版となった「FORMULA HEAD COVER」も付けてくれていて感無量!
 
ちなみに個人的にはDC2はこちらの「顔」の方が好き。こちらでは「日本顔」に変えるのが流行っているそうですが....。

20150730-20150730-16.jpg

DC5と並んで現在のトレンドを担うAP1. 過給機によるチューンが一般的。

20150730-20150730-17.jpg

20150730-20150730-18.jpg

誰もが一度は夢見る最強のコンビネーション。EF7+B18C

20150730-20150730-19.jpg

King MotorsportsがチューンしたEK CIVIC。過給機搭載でなんと500頭の馬をアウトプット!レース用のGASを使うとさらに増えて625頭になるそうです。FFでこの馬力、私には扱える自信ないです....。

20150730-20150730-20.jpg

クリーブランドから来たAcostaご夫妻の「Civic Si」の2ショット。奥様のAlyssaさんが「クーペ」・旦那さんのChrisさんが「セダン」と一人一台所有の何とも「熱い」ご夫婦です。このお二人ですが、実はこの翌月、日本への「新婚旅行」の際に、当社のショールームまで遊びに来てくれました!

20150730-20150730-21.jpg

こちらでも「GROM」は大人気!アメリカ人には小っちゃいけど....。

「大雨」とともに始まった本イベントでしたが参加した方々のあまりの熱気に局地的に
高気圧が発生したのか、午後には素晴らしい色の空が....

20150730-20150730-22.jpg

MUGENからの出席を代表して、恐縮ながら私もスピーチの機会をいただきました。
そして、この機会を利用して今まで伝えたかったことをようやくアメリカのユーザーに直接、伝えることができました。大体において非日本語圏の方達は「無限」を「むげん」では無く「ミューゲン」と発音するのがとってもとっても日頃気になっていたのですが、今回はそれをテーマとして「とっても“格好悪い”ことなので止めましょう!」「Hondaエンスーアジャストを気取っているお友達が“ミューゲン”と言っているのを聞いたならそれを恥ずかしいこととして止めさせ教育するのが本日、参加した皆様の義務です」とお話させていただきました。
最悪、日米開戦も視野に入れ覚悟もしておりましたが、来場者の方々からは予想以上の「掴み」と「好印象」を得ることが出来、アメリカのエンドユーザーの皆さんとの距離と理解を更に縮めることができました。

20150730-20150730-23.jpg

このささやかな啓蒙が直ちに全米51州に伝わることを勝手ながら祈っています....

20150730-20150730-24.jpg

以上がアメリカで参加させていただいた素晴らしいイベントの始終です。
アメリカのHondaユーザーの皆さんの「気合」と「本気」には今回も驚かされました!
流石、私達とは自動車文化の「長さ」と「奥行き」が比較にならない国です、毎回 想像を超えるカスタマイズの手法の数々に圧倒されます....

ここまで読んでいただきありがとうございました。

さて、日本のHondaユーザーの皆さんの中で「我こそは」という方、来年のこのイベントにご自慢の愛車で日本代表として参戦しませんか....?
現在、当社では来年のイベントに向けて北米航路における40FTコンテナ3本(車両6台分)の調達を計画しています。参加ご希望の方はご連絡ください!
(嘘です。信じないでください....ごめんなさい....。)


2015.07.30

秋といえば もう これですよね <商品事業部 K・S>

現在、私はこのブログをお読み頂いている皆様からご注文を頂いた商品を全国へ配送する物流センターに勤務しております。

また、この物流センターでは扱う物量が多いため、お子様をお持ちの“素敵なマダムの方々”にもご協力をお願いしています。

ある日のお昼休み、ご飯を食べていると、ある“素敵なマダム”からふとこのような一言が出ました。

マ:「みんな(物流センターに勤務している人達)で何かワイワイやりたいね!」

これを聞いたお祭り好きの私。いてもたってもいられず、

私:「何しましょーー!!」

これがきっかけで、ああでもないこうでもないと10分ほど検討しつつ行き着いた先は、

マ:「今の季節、食欲の秋だよね!じゃあバーベキュー!!」
私:「がってん承知!!ここ(物流センター駐車場)の使用許可を会社に取っておきます!!」
マ:「買出しとかあったら協力するからね!」

とんとん拍子で決まったバーベキュー。当日の様子を少しだけお伝えします。

20141106-20141106-1.jpg

焼き鳥は、すごく美味しかったです☆しかも、手作りです!!

20141106-20141106-2.jpg

あたたかい具だくさんのけんちん汁。ひとり暮らしの私にとって、母親の味には涙が出そうなぐらい美味しかったです☆

20141106-20141106-3.jpg

20141106-20141106-4.jpg

20141106-20141106-5.jpg

小さなお子様達にも楽しんでもらえて良かったです。^ ^
20年後、大人になったらうちの会社においでね(笑)

20141106-20141106-6.jpg

おじさんもめちゃめちゃ楽しんでました。(笑)

最後に、ご協力頂いた奥様方ありがとうございます!

また、皆様のこのようなご協力があるからこそ、お客様に求められている品質だけでなく、真心が伝わる商品をご提供することが出来ると思います。

さて、次はどんなおもしろいことをしようかなぁ~

2014.11.06

美しい焼き色の追求 <商品事業部 K・S>

みなさまは「無限」に対するイメージで、「焼き色」というフレーズから想像されるのはどのようなものでしょうか?

では、私が当ててみましょう!

それはエキマニですね!!

20131119-20131119-1.jpg

違いましたか…
では!チタンエンブレムですね!!

20131119-20131119-2.jpg

当たりましたか?
違うよ!これだよ!!という方は、そのイメージされた商品をご購入ください!

冗談はさておき、このたび私が表題にある通り、焼き色の追求を行ったものはこちら!!

20131119-20131119-3.jpg

20131119-20131119-4.jpg

20131119-20131119-5.jpg

なんと、たこ焼きなんです!(画像が暗くてゴメンナサイ)

関西出身である私が「社内で何かオモロいことでけへんやろか?」と考えたときに、
ふと…
「そうや!社内でたこ焼きパーティーとかやったらオモロいんとちゃうん?!」と思い立ち、いろいろな方々の協力もあり実現しました!!

ご来店?した社員には楽しみにしてくれていた方も多く、味についても大変好評で、「おいしいよ~」という、嬉しいお言葉を頂戴しました!!(銀○○さんにも負けない味だったそうです!)

次はどんなおもしろそうなことしようかな~~~

何かいいアイディアがあればコッソリ教えてくださいね!
2013.11.19

社内イベント BBQ大会 <MS事業部A・T>

9/14(土)に従業員家族の親睦を図るため、毎年恒例のBBQ大会がM-TEC社屋の屋上で開催されました!

台風直撃が危ぶまれましたが、土曜日はお天気に恵まれました。
ちなみに去年は雨でしたよ… 決行しましたが…
ということで一部ですが簡単に当日の様子をご紹介します。

さて、まずは社内見学です。
体験搭乗という、貴重な体験です。
20130918-20130918-1.jpg
SUPER FORMULA車両に乗り込むお子さん。
かわいいですね☆

SUPER FORMULAのエンジン暖機、始動。
音の大きさにびっくりでしたね。
普段お父さんがどのようなお仕事をしているのか、少しでも伝わりましたか?
20130918-20130918-2.jpg

20130918-20130918-3.jpg

神電、神電貳の体験搭乗も…!
20130918-20130918-4.jpg

20130918-20130918-5.jpg
お子さん達、みんな凄く楽しそうで良い笑顔です☆

お待ちかね、BBQやレクの時間です。
スペシャルゲストには、なんとGT300クラス、16号車MUGEN CR-Z GTドライバーの中山選手が来てくれましたよ☆
20130918-20130918-6.jpg

20130918-20130918-7.jpg
お子さんにも大人気の中山選手でした!
ありがとうございます。

お肉は知り合いの方からの北海道の美味しいお肉です。
毎年ありがとうございます!
焼いているシーンを撮れなかったのが残念ですが…

レクはビンゴやミニ四駆大会。
これでミニ四駆にハマった!というお子さんもちらほら…
20130918-20130918-8.jpg

20130918-20130918-9.jpg

いかがでしたか?
普段はお仕事に一生懸命なお父さん達も、この日はお仕事のことを忘れてお子さん達と楽しく過ごすことが出来たのでは…?
そんな盛りだくさんな一日でした♪
2013.09.18