MUGEN STAFF BLOG

MUGEN Vツインエンジンスタディーモデル

無限(株式会社M-TEC)は第45回東京モーターサイクルショーに於いて「MUGEN V Twin Engine」のスタディーモデルを発表いたしました。

「目まぐるしく進化している時代だからこそ、あえて荒々しい鼓動とトルク感、そして男性的な格好良さを求めたガソリンエンジンを創りたい。」そんな思いを掲げ、徹底的に拘った素材とデザインを採用し、最新加工技術から生まれた最高の品質精度で作り上げました。

今回発表した「MUGEN V Twin Engine」はスタディーモデルですが今後エンジン単体での販売を視野に入れ開発を進めています。

20180323-20180322-5.jpg
2018.03.23

2018年マン島TTレースTTゼロチャレンジクラス「TEAM MUGEN」参戦体制発表

TEAM MUGENは、本日、今年度マン島TTレースTTゼロチャレンジクラスに参戦する新型マシン「神電 七(SHINDEN NANA)」を第45回東京モーターサイクルショー無限ブース内に於いて、発表させて頂きます。

本年のマシンは、フロントカウルの改良による冷却機能向上と、サイドおよびリアカウルを新デザインとし空力特性の向上を図りました。また、バッテリーのポテンシャルを最大限に引き出す設計を施し、TTゼロチャレンジクラス5連覇の達成、およびコースレコードの樹立を目標に挑戦いたします。

ライダーは昨年、一昨年のTTゼロチャレンジクラスの覇者、ブルース・アンスティ選手、マン島TTレース通算優勝回数23回のレジェンドライダー、ジョン・マクギネス選手、そして   北アイルランド出身でノースウエスト200では常連のリー・ジョンストン選手と3人体制での参戦となります。

TEAM MUGENが参戦するTTゼロチャレンジクラスは6月8日(金)に決勝が行われる予定です。

皆様の応援を宜しくお願いします!

20180323-20180322-1.jpg

20180323-20180322-2.jpg

20180323-20180322-3.jpg

20180323-20180322-4.jpg
2018.03.23

第45回東京モーターサイクルショー出展のお知らせ

無限(株式会社M-TEC)は、2018年3月23日(金)~3月25日(日)に東京ビックサイトで開催される“第45回東京モーターサイクルショー”に出展いたします。

今年は例年アトリウムで行っていた『2018年マン島TTレース TTゼロチャレンジクラス「TEAM MUGEN」参戦体制発表会』を無限展示ブース内にて行います。

展示車両はオリジナル電動バイクレーサー『神電七(SHINDEN NANA)』、昨年に引き続き『神電』のEV技術をベースに製作された電動モトクロッサーコンセプトモデル『E.REX』、 そして新プロジェクトである『Vツインエンジンスタディモデル』となります。

また、ブース内に於きまして神電の各機能パーツのスペシャリスト、および開発ライダーの宮城光氏をお招きした『神電テクニカルトークショー』の開催も予定しております。

第45東京モーターサイクルショー

会期:2018年3月23日(金)〜3月25日(日) 3日間
・3月23日(金)10:00〜13:00 特別公開
・3月23日(金)13:00〜18:00 一般公開
・3月24日(土)10:00〜18:00 一般公開
・3月25日(日)10:00〜17:00 一般公開

会場:東京ビッグサイト
無限ブース:西1ホール1-28

ブース内イベントスケジュール:

■参戦体制発表会
3月23日(金)11:00~11:30
『2018年マン島TTレースTTゼロチャレンジクラス「TEAM MUGEN」参戦体制発表会 』

■テクニカルトークショー
3月23日(金) 
14:30~14:50 「神電開発秘話」ゲストスピーカー:宮城光
15:00~15:20 「maxell電池開発:両社の技術融合が導き出す新たな世界」
16:00~16:20 「MOTUL冷却オイル開発:EVは冷却機能にあり」

3月24日(土)
11:00~11:20 「神電開発秘話」ゲストスピーカー:宮城光
13:00~13:20 「NISSINブレーキ開発:神電を止めるブレーキのはなし」
14:00~14:20 「MOTUL冷却オイル開発:EVは冷却機能にあり」
15:00~15:20 「maxell電池開発:両社の技術融合が導き出す新たな世界」
16:00~16:20 「SHOWAサスペンション開発:ジャンプと車重とバネレート」

3月25日(日)
11:00~ 11:20「神電開発秘話」ゲストスピーカー:宮城光
14:00~14:20 「SHOWAサスペンション開発:ジャンプと車重とバネレート」
15:00~15:20 「NISSINブレーキ開発:神電を止めるブレーキのはなし」

第45回東京モーターサイクルショーウェブサイト
http://www.motorcycleshow.org/outline/

無限オフィシャルサイト
http://www.mugen-power.com/
2018.03.20

VFR1200X MUGEN <商品事業部 A・K>

昨年のVFR800X MUGENに続く2輪車販売 第二弾の企画として、欧州からVFR1200X CROSS TOURを輸入し、6月25日から全国の無限テクニカルショップより販売を開始させていただきました。
20120710-20120710-1.jpg
今回はMT仕様車(VFR1200X MUGEN)の他、DCT搭載車(VFR1200XD MUGEN)も販売。両仕様併せて100台の限定販売となります。
勿論、お約束の専用「無限スリップオンマフラー」と「無限ステッカー」によってカスタマイズされているのは言うまでもありません。
20120710-20120710-2.jpg
20120710-20120710-3.jpg

この素晴らしいバイクを国内の皆様に提供できる機会をもてましたことを大変うれしく思います。
さて次回は、何をやろうかな....?
2012.07.10

MUGEN HYDROPHILIC MIRROR     <MS事業部K・S>

CBR250R用MUGEN親水ミラーが近々発売になります。
20110428-20110428-4.jpg
0SK-ZXKYJYK03 MUGEN HYDROPHILIC MIRROR

今回、CBR250Rの親水ミラーの色にはゴールドを採用しました。
HYDROPHILIC MIRROR(親水ミラー)は、曲率1000Rによるワイドな後方視界
の確保と、付着した水を膜状に拡散する親水効果で視認性・安全性を向上させます。
この親水ミラーは光触媒をコーティングしており、太陽光をあてることで効果が持続
します。
オートバイを通勤で使う人にはお勧めのアイテムです!

CBR250RのMUGENステップキットも発売になっています。
20110428-20110428-5.jpg
0SK-ZXKYJYK02 MUGEN STEP KIT
こだわりのブラックアルマイトを施し、ポジションはアップ8mm、バック17mm と
アップ18mm、バック17mm の2ポジション仕様となっています。
※ABS仕様車には使用出来ません。

商品のお問合せは、下記までお願いいたします。

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン
お客様お問合せ窓口
TEL:03-5993-8667
受付時間:月曜~金曜(除く祝日)
9:30~11:45 12:45~17:30

2011.04.28

モトクロス全日本選手権、間もなく開幕  <MS事業部 Y・S>

震災の影響により順延されていたモトクロス全日本選手権ですが、
間もなく連休明けの5月15日に開幕戦(@広島・世羅グリーンパーク弘楽園)
が開催されます。

これに先立ち4月24日に行なわれた中国モトクロス選手権シリーズ
第2戦広島大会(同)に、チームHRCより全日本IA1(450cc)クラス
に出場する増田一将選手、平田優選手が参戦しました。 といっても
賞典外ですから実践を想定したテストとしての参戦です。

2011年シーズンは無限マフラーを装着しての参戦となる両選手ですが、
非常に良い走りを見せてくれました。

ゼッケン#6 増田一将選手
※今回の車体カラーリングは2011仕様ではありません。
20110428-20110428-1.jpg

ゼッケン#7 平田優選手
20110428-20110428-2.jpg

全日本IA2(250cc)クラスへ参戦する小方誠選手の無限マフラー装着車両です。
20110428-20110428-3.jpg

モトクロスもいよいよ開幕戦です。フォーミュラ・ニッポンの開幕戦と同じ日に
なりますが、どちらも応援よろしくお願いします。
2011.04.28

CBR1000RR Exhaust System     <MS事業部K・S>

CBR1000RRの「交換用マフラー認証制度」対応(JMCA認定)
のマフラーが発売になりました。
マフラー仕様 (Slip-onタイプ、チタンカバー、ステンレスパイプ、触媒付き)
加速走行騒音は79dB、近接排気騒音94dBとなっています。
マフラーエンブレムも一新しています。
20110421-20110421-1.jpg
CBR1000RR MUGEN Exhaust System

20110421-20110421-3.jpg
PCX、CBR250Rと赤、金、黒の3色を使ったエンブレムに変わり、
今回のCBR1000RRにもこのエンブレムを使っています。
無限の商品などでこの3色をよく見かけると思いますが、この色の意味って
何だろうと思った方も多いと思います。
そこで、この色の意味について説明したいと思います。

まず【黒】ですが、使う背景色によっては【白】との組み合わせ
で使われており、純潔・清潔を表す【白】に【黒】を組み合わせる
ことにより、『SIMPLE IS BEST』という哲学を表しています。
情熱を表現する【赤】。
これらの結果として得られる技術力、そして1等賞を狙えという
願いが込められた【金】。
無限カラーにはこのような、無限の目指す在り方が表現されています。

商品のお問合せは、下記までお願いいたします。

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン
お客様お問合せ窓口
TEL:03-5993-8667
受付時間:月曜~金曜(除く祝日)
9:30~11:45 12:45~17:30


2011.04.21

CBR250Rカスタマイズパーツ発売開始     <MS事業部K・S>

20110414-20110414-1.jpg
先日紹介したHONDAのチャリティーイベントの2輪車の特別展示会の様子です。
17日(日)まで行われているので時間のある方は行ってみて下さい。

カタログに4月下旬発売予定となっているCBR250Rの無限カスタマイズ商品の中に、
先週末から発売をされているものがあります。

先週ご紹介させていただいた、ステアリングステムナットカバー、リムステッカー
のシルバーも発売されました。
その他にも下の写真のスリップオンマフラー、フレームホールプラグも発売になっ
ています。
20110414-20110414-2.jpg
0SK-ZXKYJYK01 MUGEN SLIP-ON マフラー

20110414-20110414-3.jpg
0SK-ZXKYJYK05 MUGEN FRAME HOLE PLUG

CBR250Rのカタログにはのっていませんでしたが、マスターシリンダーキャップも
取り付ることが出来ます。
20110414-20110414-4.jpg
0SK-ZXYK02 MUGEN MASTER CYLINDER CAP
この先も商品が出来次第、順次発売されていきます。そのときはまた、このブログで
紹介いたしますので楽しみにしていて下さい。
これらの商品のお問合せは、下記までお願いいたします。

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン
お客様お問合せ窓口
TEL:03-5993-8667
受付時間:月曜~金曜(除く祝日)
9:30~11:45 12:45~17:30


2011.04.14

HONDAチャリティーイベント     <MS事業部K・S>

4月6日(水)~17日(日)までHONDAウエルカムプラザ青山にて、
市販モデル及び今年市販予定の2輪車の特別展示会が行われます。
MUGENのコンセプトモデルのCBR250Rも展示されます。
ぜひ、ウエルカムプラザに足を運んで、ご覧になって頂きたいと思います。
最終日の17日(日)には数名のHONDA契約ライダーが来場しチャリティー
イベント、トークショーなどが開催される模様です。
詳しくはHONDAのホームページをご覧になって下さい。

CBR250Rの前に紹介したカスタマイズ商品の写真を
チョットだけ載せます。
20110406-20110406-01.jpg
0SK-ZXKYJYK04 MUGEN STEERING STEM NUT COVER
20110406-20110406-2.jpg
0SK-ZXYK15 MUGEN RIM STICKER (SILVER) 17”・18”
2011.04.06

バンコク・モーターショー    <MS事業部K.S>

3月23日からタイのバンコクでモーターショーが開催されています。
例年、160万人もの人が来場する一大モーターショーです。
Hondaさんも2輪ではグローバルモデルとしてタイで生産している
PCXやCBR250Rを中心に、このモーターショーには力をいれているようです。
無限も、前回のブログでお伝えしたCBR250R、PCXの無限コンセプト車両を
展示しています。
20110330-20110331-01.jpg
20110330-20110331-2.jpg
もっともっと、バンコク・モーターショーでのHondaの様子を知りたい人は下のURLにアクセスしてみて下さい。
http://www.aphonda.co.th/motorshow2011/
2011.03.31