MUGEN STAFF BLOG

【SUPER GT】Rd.8 MOTEGI決勝

快晴の下、決勝レースは予定どおり13時半より開始されました。TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、武藤英紀選手が1番手ドライバーとなり13番手よりスタートしました。

序盤で14位にランクダウンするものの、途中よりトップ付近のマシンたちと遜色のないタイムで周回を重ねました。他のマシンがピットインする中、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」は、30周目5位の位置でピットインし、給油のみの作業で2番手の中嶋大祐選手に交代しました。

タイヤ無交換の作戦でピット作業の時間を最大限詰めて後半戦のポジションアップを狙いましたが、中嶋選手は懸命に走るも、最終的に14位でレースを終えました。

GT500クラスへ参戦して2年目となった2018年は、タイラウンドではポールポジションを獲得、SUGOラウンドでは4位になるなど、昨シーズンよりも好成績を収めたラウンドもありましたが、表彰台に登壇することはできませんでした。

TEAM MUGENへのご声援、誠にありがとうございました。

20181112-20181112-5.jpg

20181112-20181112-6.jpg

20181112-20181112-7.jpg
2018.11.12