NEWS

2019.01.11

2019年 M-TECモータースポーツ活動概要

株式会社M-TEC(以下、無限)の2019年モータースポーツ参戦体制と普及活動計画について、発表いたします。

無限は「速い」、「強い」、「格好いい」という3つのテーマを掲げ、トップカテゴリーからユーザー参加型モータースポーツまで、積極的に国内外でモータースポーツ活動を行ってまいります。

2012年からスタートした無限独自のプロジェクトである、オリジナル電動バイクによるマン島TTレースへの挑戦では、昨年、プロジェクト始動当初からの目標である平均スピード120マイル(時速193.12)超を達成し、同時に5年連続での優勝を記録する事が出来ました。本年もマン島TTレースに参戦します。

国内フォーミュラレースの最高峰である全日本スーパーフォーミュラ選手権においては本年も2台体制にて参戦し、シリーズチャンピオン2連覇を目指します。

国内レースで最大の人気を誇るSUPER GTにおいては引き続き自社チームTEAM MUGENで参戦し、シリーズチャンピオン獲得を目指します。

このほか、Hondaとの共同プロジェクトのもと、参加型モータースポーツの運営や、様々なHonda系各レースチームに対してのエンジン供給、エンジンメンテナンス及び、エンジンサーキットサービスを行います。

無限オリジナルプロジェクト

【 マン島TTレース(The Isle of Man Tourist Trophy Race) 】

TEAM MUGENは2019年マン島TTレースTTゼロチャレンジクラス(5月25日(土)~6月 7日(金)) に参戦します。

詳細は、第46回 東京モーターサイクルショー2019(開催日程:2019年3月22日(金)~24日(日))にて発表いたします。

マン島TTレース オフィシャルサイト: hTTp://www.iomTT.com/

Honda共同プロジェクト

【国内四輪モータースポーツ活動】

● 全日本スーパーフォーミュラ選手権

TEAM MUGENは今シーズンも全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦致します。監督は日本人初の世界三大レース(モナコグランプリ、インディ500、ル・マン24時間レース)参戦経験を持つ中野信治、ドライバーは全日本選手権スーパーフォーミュラに、2014年より5年連続出場の野尻智紀、そして、マカオGPで昨年、一昨年と2年連続のチャンピオンとなったイギリス出身のダニエル・ティクトゥムを 新たに起用し、2台体制にてシリーズチャンピオン2連覇を目指します。

また、スーパーフォーミュラ用の2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-417E」を、5チーム9台に供給すると共に、エンジンメンテナンス及び、エンジンサーキットサービスを行います。

■参戦体制

チーム名 ナンバー ドライバー 監督
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
15 ダニエル・ティクトゥム
(Daniel Ticktum)
中野 信治
(Shinji Nakano)
16 野尻 智紀
(Tomoki Nojiri)

■エンジン供給、エンジンメンテナンス、エンジンサーキットサービス

チーム名 ナンバー
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)
1
5
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
15
16
REAL RACING
(リアル・レーシング)
17
B-MAX Racing team
(ビーマックス・レーシング・チーム)
50
TBA
TCS NAKAJIMA RACING
(ティーシーエス・ナカジマ・レーシング)
64
65

スーパーフォーミュラ オフィシャルサイト: hTTp://superformula.net/

●SUPER GT

◇GT500クラス
TEAM MUGENは引き続きSUPER GT GT500クラスに参戦致します。監督は中野信治、ドライバーは引き続き武藤英紀と中嶋大祐を起用し、シリーズチャンピオン獲得を目指します。

また、「NSX-GT」用の2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-417E」を5チーム5台に供給し、各チームに対してエンジンメンテナンス及びエンジンサーキットサービスを行います。

■参戦体制

チーム名 ナンバー ドライバー 監督
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
16 武藤 英紀
(Hideki Mutoh)
中野 信治
(Shinji Nakano)
中嶋 大祐
(Daisuke Nakajima)

■エンジン供給、メンテナンス、サーキットサービス

チーム名 ナンバー
TEAM KUNIMITSU
(チーム・クニミツ)
100
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)
8
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
16
KEIHIN REAL RACING
(ケーヒン・リアル・レーシング)
17
Epson Nakajima Racing
(エプソン・ナカジマ・レーシング)
64

SUPER GTオフィシャルサイト: hTTp://supergt.net/jp/

●NSX GT3

日本国内における「NSX GT3」車両の販売・サービス・パーツ供給を行います。
また、サーキットにおけるテクニカルサポートも行います。

NSX GT3ページ(無限オフィシャルサイト内): hTTp://www.mugen-power.com/motorsports/NSX-GT3/

●Honda Sports & Eco Program

株式会社モビリティランドと共同で運営する参加型モータースポーツ「Honda Sports & Eco Program」は「Ecoでスポーツする。」をテーマに2012年から始まりました。環境とスポーツドライビングの両立を目指し、レース仕様の車両をレンタルして、「操る・磨く・競う」楽しさを気軽に体感できるモータースポーツです。入門者でも安心してレースデビューを目指せる4段階のスクールプログラムと、年4回のレースプログラムを継続して提供するほか、初級者から上級者まで、より多くの方が手軽にモータースポーツを体験いただける料金プランを設定するなど、充実した内容で展開していきます。

Honda Sports & Eco Program オフィシャルサイト: hTTp://www.Honda-fit-se.jp/

●N-ONE OWNER'S CUP

軽自動車「N-ONE」による参加型モータースポーツ「N-ONE OWNER‘S CUP」は、レース入門者をはじめとした、より多くの方に参加いただけるレースを目指し、2014年から開催しているナンバー (車両番号標)付き車両によるスプリントレースです。ご好評をいただいているコンセプトはそのままに、 今年も8ヵ所(鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、岡山国際サーキット、富士スピードウェイ、オートポリス、スポーツランドSUGO、十勝スピードウェイ、筑波サーキット)で開催。レース初心者へのサポートをさらに充実させていきます。

N-ONE OWNER'S CUP オフィシャルサイト: hTTp://www.n-one-owners-cup.jp/

●FIT 1.5 Challenge CUP

株式会社モビリティランドと株式会社岡山国際サーキット、株式会社菅生で展開される「FIT(フィット)」によるワンメイクレース「FIT 1.5 Challenge CUP」は、昨年に引き続き、JAF準国内格式競技として、「鈴鹿・岡山ツーリングカー選手権」と「もてぎ・菅生ツーリングカー選手権」で開催します。

FIT 1.5 Challenge CUP オフィシャルサイト: hTTp://fit-1-5-challenge-cup.jp/

【海外四輪モータースポーツ活動】

日本をはじめ、世界各地域の選手権にHonda車で出場するユーザーに対し、レース用チューニングエンジンをはじめとする高機能製品及びテクニカルサービスを提供致します。

無限はこれらのモータースポーツ活動を通して得た技術とノウハウを、全ての無限製品にフィードバックし、お客様にお届けしてまいります。

以上