2022 SUPER_FORMULA

Rd.3 SUGO

  • Release
  • Photo

2019年6月23日

#16 野尻選手、緻密なセットアップと戦略で
表彰台圏内走行も、終盤、惜しくもリタイヤ喫す。

シリーズ名:2019 全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ 第3戦
大会名:2019 全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ 第3戦
距離:
6月22日(土)天候:Q1,2曇り、Q3小雨/路面:ドライ
6月23日(日)天候:曇り/路面:ドライ
6月22日(土)
公式予選
#16 野尻選手:2位、#15 ティクトゥム選手:19位

金曜専有走行の走り出しのバランスは悪くないレベルでした。さらにセットアップ作業を進め、車は着実に良い方向へ持っていくことができました。ポールポジションを目指し予選に挑みました。

◼︎中野監督
予選に向けて準備し、セットアップの仕上がりも良くなりました。#16 野尻選手は2位で良いポジションからスタートできます。#15 ティクトゥム選手は残念な結果でしたが、決勝レースでは学ぶべきものがあるので、前向きに闘ってくれることを望みます。作戦はそれぞれ。魅せるレースをしたいと思います。

◼︎野尻選手
オートポリスからどう直そうか考えて修正した結果、予選は100%ではないけど良い方向に仕上がりました。Q3にも進出して新たなデータの蓄積もできました。決勝は好ポジションからのスタートで、僕自身得意なコースでもあるので勝ちにいくレースをします。

◼︎ティクトゥム選手
いろいろな準備をして来たけど、僕自身もう少し学ぶべきものが多いと感じたよ。これ以上コメントはないけど、決勝はチャレンジして順位を上げることを考えるよ。

 

6月23日(日)
決勝
#16 野尻選手:リタイヤ
#15 ティクトゥム選手:15位

予選から決勝レースのためのセットアップ検討を十分に行ない、朝の練習走行のフィーリングは良い感触でした。決勝に向けて更なる詰めの作業とさまざまなパターンの戦略を立て、優勝を目指しレースに挑みました。

【中野監督】
野尻選手は優勝を狙える位置だったので、しっかりとマシンの準備やデータ解析、作戦の構築ができ、良い方向に進化したと思います。マシンのセットアップは良かったのですが、ライバルはさらにそれを上回っており、もっと煮詰めなければトップに追いつけないと実感しています。結果は本当に残念ですが、真摯に受け止めてチーム一丸となり前進していきます。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

【野尻選手】
スタートは無難にでき、作戦どおり1ラップ目にピットに入りました。単独で走ってトップとの差を詰めていったのですが、途中から逆転されてしまい、燃料が軽くなってからはわずかにタイムアップできたものの、タイヤと燃料のマネージメントもしなければならず、トップを抜くまでの好タイムは刻めませんでした。ミスしてしまい、結果を残せず申し訳ないです。車のセットアップをもっともっと煮詰めて速くしていきます。応援してくださっている皆様に、必ず結果で恩返しします。引き続き、応援の方よろしくお願いいたします。

【ティクトゥム選手】
予選は本当にうまくいかなかった。決勝レースは最後まで走って経験とデータを取ることに集中したよ。途中辛くなったけど、燃料が軽くなったらタイムが良くなっていった。いろいろわかったこともあり自分にとって貴重だった。次に向けてとにかく頑張るよ。次戦の富士も応援よろしくお願いします!