2022 SUPER_GT

FUJI

  • Release
  • Photo

2019年11月25日

中嶋大祐、このレースを最後に引退。
予選でポールポジションを獲得。

シリーズ名:SUPER GT × DTM 特別交流戦
大会名:SUPER GT × DTM 特別交流戦
距離:4,563m×35周(×2レース)
レース1:11月23日(土)天候:曇り/路面:ウエット(観客数22,600人)
レース2:11月24日(日)天候:曇り/路面:ドライ(観客数24,100人)
11月23日(土)
金曜の雨での練習走行中にクラッシュを喫したものの、
チーム全力の踏ん張りで土曜のレース1出場にこぎ着ける。


日本で初めてDTMとの交流戦が開催されました。タイヤはハンコック製のワンメイクとなります。SUPER GT勢はハンコック製を装着した走行は基本的に初めてで、タイヤに合わせたセットアップのため、今大会は木曜と金曜にフリー走行の時間が設けられました。

TEAM MUGENの16号車は木曜日にドライタイヤ、さらに金曜日のウェットタイヤでも上位のタイムを出せるパフォーマンスを見せました。しかし金曜日の2回目の練習走行でクラッシュしてしまいマシンは大破。幸いにもドライバーに怪我はありませんでした。車の破損状況から、一時レースには参加できないと思われましたが、関係各位のご協力とメカニックの踏ん張りによって、何とか土曜日の予選と決勝(レース1)に出走することができました。関係者の皆様、ありがとうございました。そしてメカニックの皆さん、大変お疲れさまでした。気持ちを取り直して、予選と決勝レースに臨みました。

●レース1
予選:22位、決勝:10位(路面温度14℃、気温15℃)

■中野監督
DTMとの交流戦は、タイヤがワンメイクということもあり楽しみにしてこの週を迎えました。土曜開催の予選とレース1武藤が担当しました。金曜の雨の中でのアクシデントを、メカニックとチームスタッフが全力で修復してくれて本当に感謝します。武藤(の身体)も大丈夫です。

予選は車両確認もあってベストなタイムを出せませんでしたね。レースは最後尾スタートだったのでチャレンジしようとトライした結果、2周目のピットインとレース中の作戦が功を奏して、チームとしては日曜のレース2につながる最高の結果でした。

レース2は(中嶋)大祐が担当しますが、良いバトンを渡せることができたと思います。持ち返ったデータを解析して最高の結果で締めくくりたいと思います。

■武藤選手
昨日はクラッシュしてしまいすいません。チームのみんながきちんと直してくれて本当に感謝します。ありがとうございました。

予選はアタックラップが1周足りなくてベストなタイムを出せませんでした。レースは思いきった作戦を取り日曜のレース2につなげたくて、タイヤのケアをしながら自分の中では冷静かつ全力で走り切りました。楽しかったしエキサイティングなレースができて、いろいろな状況を確認できました。

ピットに帰ってきて、みんなが喜んでくれてうれしいです。ありがとうございます。あとはレース1のデータを分析して、レース2の大祐のためになにか力になればうれしいです。本当に皆さん、ありがとうございました。

 

11月24日(日)
レース2の予選で最速タイムを叩き出し、
決勝ではつねに上位を伺うポジションをキープ。
レース1のよい流れに乗り、レース2の予選と決勝は中嶋選手が臨みました。

●レース2
予選:1位(スターティンググリッド6番)、決勝:6位(路面温度18℃、気温19℃)

■中野監督
エキサイティングなレースでした。大祐は本当によく頑張った。予選のタイムは最速で、決勝は6番グリッドからのスタートからでしたが、序盤から攻めて3位まで上がったので、このまま行けば勝てるとな!と思いましたね。タイヤもセーブして後半に仕掛けようと話していたんですけど、セーフティーカーが何度も入り、計画通りにいかなかったのですが、最後のバトルは攻めていいよとアドバイスし、本人もやりきった感じでした。

悔いのないレースでした。チーム一丸となり、車の修復からセッティングまで完璧に仕上げてくれました。スタッフやドライバーは本当にお疲れさまでした。応援してくださった皆様、関係各位、本当にありがとうございました。

■中嶋選手
今日は一生の宝物となる日になりました。

予選でトップタイム、最速タイムを出すことができたし、決勝ではグリッド6番からスタートして3位まで上がりましたし、車の調子も良かった。自分もやりたいようにやらせてもらって、力を出し切りました。でも最後は悔しかったですよね!!

TEAM MUGENにお世話になって3年間、なかなか結果が付いて来なかったんですが、この特別交流戦でチーム力も自分のパフォーマンスも、上の方にあることを証明したんじゃないかと思います。楽しかったです!

最高のチームで、悔いなくチェッカーを受けました。応援してくださった関係各位やファンの皆様、本当に、本当にありがとうございました。これからもTEAM MUGENへの温かい応援、よろしくお願いいたします。